J. of Taroten

カテゴリー2: 環境衛生工学

●環境衛生工学

・阿賀野川でのピラジン系臭気問題について(2017.6.19)
・相模湾の広範囲赤潮/柿田川湧水/環境論客/ひ素のリスクの勘違い(2017.5.19)
・ノロウイルス問題を下水道関係者は真剣に考えた方がよいとカキを食べて感じた(2017.1.26)
・バラスト水処理装置に特需か(2016.11.28)
・水環境中の薬剤耐性菌(2016.10.26)
・水環境の論文の国別掲載件数(2016.08.05)
・初の民営化? 浜松市公共下水道終末処理場(西遠処理区)運営事業(2016.6.10)
・多摩地域における市単独の公共下水道の流域下水道への編入について(最新の情報に改訂2016.4.4)(原案2014.11.12)
・環境基準の大腸菌への基準変更について(最終改訂2016年4月2日)(原案2013.2.21)
・躁うつ病(双極性障害)治療薬(2016.3.29)
・またも明るみになった職業曝露によるガンの発症(2015.12.18)
・鉄鋼スラグのリサイクルをおびやかすふっ素の環境基準(2015.10.7)
・溶出量・含有量試験の試験方法(2015.6.24)
・環境関連以外の人による上下水道研究(2015.5.8)
・環境工学研究フォーラム(山梨)へ行ってきました(2014.12.22)
・最近の水質基準改定(2015年9月改正までをフォロー)(原案2014.12.12)
・工業用水道という指をもらっても仕方ない組織(2014.7.7)
・下水処理水を受水する河川のカビ臭の正体が明らかに(2014.1.18)
・環境工学研究フォーラム(北海道)に行ってきました(2013.11.19-21)
・Water and Environment Technology Conference 2013に参加してきました(2013.6.15-16)
・上下水道施設見学セレクション(2013.2.2)
・横浜市水道局川井浄水場見学記(2012.12.4)
・生物処理で見られる微小動物・原生生物(2012.11.9)
・下水処理水と排水基準(2012.10.23)
・正浸透(フォワードオスモシス)って有望?(2012.10.8)
・過去の水銀汚染への農薬の寄与(2012.8.27)
・WET(生物影響3点セット)が排水規制として導入される?(2012.6.9)
・水道水からホルムアルデヒド(2012.5.25)
・水環境学会[東京]に行ってきました(2012.3.14-16)
・神奈川県企業庁谷ケ原浄水場・城山発電所見学記(2011.12.6)
・環境工学研究フォーラム2011(名古屋)(2011.11.27)
・第4回IWA-ASPIREへいってきた(2011.10.2-6)
・放射性物質を含んだ下水汚泥の問題(2011.08.22)
・基準や試験法・用語の改訂(2011.08.12原案)(2011.12.14詳述)
・分母のないマスコミ報道,放射性物質への手足のない環境行政(2011.3.28)
・水道料金と民間委託(2011.2.4)
・東村山浄水場見学記(2010.12.1)
・新聞で見るダイオキシンと環境ホルモン(2010.9.8)
・身近な廃水処理施設(2010.5.21)
・水環境学会 at 福岡報告(2010.3.15-17)
・1,4-ジオキサンとオゾン処理・生物処理(2010.3.10)
・事業仕分け,下水道(2010.3.2)
・2006年頃の中央防波堤外側廃棄物処分場の様子
・環境工学研究フォーラム(2009.11.29)
・タミフルの下水処理過程での除去とタミフル耐性ウイルスの出現(2009.09.08)
・どう考えてもおかしいエコ報道(2009.07.03)
・膜分離に関する特許(2009.04.10)
・珪藻のマニアなページ(2009.2.23)
・MBRシンポジウムに行ってきました(2009.2.17)
・底泥中の重金属濃度と底生生物群集の関係(2009.2.2)
・伊藤ハム,シアン事件のその後(最終改訂2016.6.6)(原案2008.12.5)
・報道機関からの電話ー伊藤ハムシアン事件(2008.10.27)
・水工水理学の分野によくいる手前勝手な放言をする人(2008.07.8)
・ICP-AES, ICP-MSの基礎(2008.06.03)
・バイオエタノール製造廃液からの資源回収(2008.05.23)
・朝霞浄水場見学記(2008.01.18)
・下水処理水臭の正体は何か(2008.1.15)
・廃棄物処分場浸出水に含まれる微量物質(2007.11.17)
・カセサート大学-たろてん研共同:砂町水再生センター,有明清掃工場,中央防波堤廃棄物関連施設見学(2007.9.14)
・バンコクBang Khaen浄水場の見学(2007.08.02)
・古細菌によるアンモニアの硝化(2007.7.12)
・水環境学会 at 大阪(2007. 3.16)
・W. K. バルトン生誕150年(2007.1.10)
・環境医薬品シンポジウム in 東大(2006.12.15)
・水道の民営化(イギリス,ジャカルタ)(2006.11.24)
・環境工学研究フォーラム[函館](2006.11.19)
・水環境学会シンポジウム(2006.09.07)
・鉛と亜鉛(2006.08.18)
・下水道越流情報(2006.06.09追加)
・計画放流水質というを定めることになった(2006.5.23)
・バンコクの下水処理(2006.4.1)
・カネミ油症事件の真相(2006.1.12)
・東京都下水道局南部スラッジプラント・ミキシングプラント見学記(2005.12.16)
・環境工学フォーラム, 鳥取(2005.12.8)
・横浜市環境創造局北部汚泥資源化センター見学(2005.10.17)
・上下水道の民営化(2006.05.18, 一部2005.08.22の原稿の書き直し)
・水環境学会,千葉(2005.03.24)
・福岡海水淡水化見学記(2004.12.15)
・環境工学フォーラム, 宮崎(2004.12.3)
・恥ずかしすぎる「日本の水環境行政」英語版(2004.10.28)
・土木学会全国大会2004(2004.09.09)
・命の値段再び(2004.08.19)
・水情報ついに廃刊(2004.03.03)
・京都へ行ってきました(2004.01.30)
・計画下水量の10%しか入らない有明処理場(2003.12.19)
・「かわいそうなゾウ」の正しい読み方(2003.11.25)
・金町浄水場見学記(2003.05.29)
・土木工学科における環境工学の生き残り戦略(原案2003.1.31)(訂補2011.11.27)
・内分泌かく乱成果発表会(2003.1.21)
・中西準子の環境リスク論への批判の点検(2002.10.21)
・特定領域「環境ホルモン」班会議(2002.7.8)
・測定値の訂正(2002.4.18)
・命の割引率(2002.3.19)
・日の出町遮水シート破損疑惑のその後(2000.8.24)
・森が崎水処理センター見学記(2001.12.28)
・画期的な水処理技術って(2001.8.31)
・丹保会長インタビュー(2001.8.8)
・下水道展見学記(2001.7.30)
・環境化学会という学会(2001.5.31)
・夢のようなプロセスを考えました(エネルギーの要らない下水の高度処理)(2000.12.8)
・ガス化溶融とディスポーザー(2000.11.10)
・「ソーダと塩素」という業界誌(2000.6.28)
・環境衛生工学という学問領域-自己紹介に代えて(1999.12のものを2002.3.6一部訂補)

多摩地域における市単独の公共下水道の流域下水道への編入について(2016.4.4)

工業用水道という指をもらっても仕方ない組織(2014.7.7)

横浜市水道局川井浄水場見学記(2012.12.4)

バンコクBang Khaen浄水場の見学(2007.08.02)