J. of Taroten

土木工学科における環境工学の生き残り戦略 (C2面:環境衛生工学,2003.1.31, その後改訂)

 最近,表題のような相談を複数の土木工学関連組織にいる環境衛生工学分野の研究者から受けた。土木工学科を知り,それでいて,現在,その枠の外にいる者として,再度,「土木関連分野間の壁を楽しむ(原案2003.1.31)」を書き直すことにした(訂補2011.11.27)。

土木の人々の分類

 土木の分野を大まかに分類すると,以下のようになる。

I...構造力学・耐震工学(橋を作ったりすること)
II...水工水理学(川や海に関係すること)
III...土質力学・地盤工学(杭を打ったり,斜面を切り取ったりすること)
IV...土木計画(交通計画や街づくりに関係すること)
V...土木材料(主としてコンクリート)
VI...(なぜか欠番)
VII...土木環境システム(昔でいう環境衛生工学)

土木工学の構成要素

 土木工学は,建設系である。Iの構造力学, IIの水理学, IIIの土質力学の三つの力学を三力(さんりき)と称するが,これは,土木構造物を作るうえで基礎となるもので土木工学の基本形である。そして,力学的にどう作るか以外に,土木施設を計画するための考え方や技法としての土木計画分野があり,さらに,土木でよく使う材料であるコンクリートについての分野が付随している。環境衛生工学は上下水道という土木の中でも生物や化学の知識が必要となる特殊なインフラを担当しているが,これからは,環境学という土木工学の基本要素を支える分野にならないと,鉄道工学や舗装工学などと同じように土木工学においてマイナーな扱いになってしまう可能性がある。

異分野の研究は正当に評価することが難しい

 環境衛生工学は,上下水道計画や施設の耐震化なら土木工学となじむ部分が多いが,微生物学や微量有害物質などの化学や生物をベースとする分野は,土木工学とはなじみが悪い。教員を供給できる東大,京大,北大などの有力大学では,土木工学科から1960年代に環境衛生工学関連の組織が分離されたことから,環境衛生工学の教員は,他の土木分野のことの理解ができないし,土木工学分野の教員は環境衛生工学が理解できない。自分が理解できない分野は不当に高く評価するか,低く評価するかのどちらかになりがちで,正当な評価を下しにくい。

で,傾向と対策

 最初の相談へのたろてんからの答えだが,まず,可能なら,生態学的なテーマか,心理学的なテーマをひとつは研究に取り入れておくと,VIIの分野の土木工学科内での生き残りにはよいだろう。特に生態学は,生物学の中でも,環境衛生工学の人が手を出しやすく,かつ,土木工学と親和性がよく,また,ゼネコンなどの土木の主要人材排出分野に求められている学問領域だと思う。一方,微生物学や微量有害物質などは土木工学からは遠過ぎる。これら生物,化学の研究をVIIの人が行うのは,I, II, IIIの人が数値計算の世界に飛び出しているのと同じだと主張することも可能ではあるが,上下水道だけに通用する水質関連の研究領域だけでは,土木工学においては,鉄道工学や舗装工学と同じように先細りして特殊な土木工学の応用例の一分野になる可能性が高い。土木工学全体からみれば,水道は,電力やガスと同じレベルのものでしかないからである。広い意味での環境学全体を担える人材でないと,土木工学には受け入れられにくいであろう。

戦ってみるのもいいだろう

 次に,研究や教育に対する価値観を整理しておいたほうがよいだろう。I, II, IIIは力学トリオで仲が良さそうに思えるが,実際にはよくない。I, IIIの人はIIの研究に対して「50年前と同じで古臭い。何の役に立つのかわからない」と思っているし,IIの人は,I, IIIの研究に対して「そんな研究は土木研究所(鉄道研究所)でやってくれ。大学ならもっと学問的な価値を目指せ」と思っている。VIIは,もともと,IIから派生した分野であるが,この価値観争いからいえば,I, IIIに近い可能性がある。どちらかの価値観の派閥に属せというのではないが,このあたりの問題を観察して,機があれば,何らかの行動をしてみるのもよい。II分野の人の中には,「衛生工学を築いた人はもっと学問の体系を意識すべきだった」といってみたり,「我々が目指すのは,衛生工学のようにカビの生えた環境学ではなくて,・・」と言ってみたりする人もいて,敵がそのように殴ってくるのだから,黙って殴られている必要はないです。