J. of Taroten

勤務先の大学の生活系排水処理施設 (C2面:環境衛生工学,2010.5.21)

大学の排水処理施設

 筆者が関連しているある大学の排水処理システムの概要について,お話ししておきましょう。大学の排水(トイレ,厨房,雑排水,実験室排水)などをすべて集めてきて,処理している処理場がキャンパス内にあります。処理システムは,活性汚泥,接触酸化,活性炭というフローで全量このフローで処理し,処理水の一部をトイレ用水として利用しています。

2009年実績指標

処理実績(2009):流入水量 90,910m3, 中水造水量 31,347m3,放流排水量 58,407m3
もっとも処理水量の少ない時期: 2月 6,217m3
もっとも処理水量の多い時期: 10月 9,191m3
流入水質(2009平均):COD 153 mg/L, BOD 275 mg/L, TN 71.5 mg/L,TP 10.1 mg/L
処理水質(放流,中水) (2009平均):COD 6.3 mg/L, BOD 1 mg/L, TN 19.7 mg/L, TP 3.1 mg/L

規制関係

排水基準: COD 30 mg/L, BOD 30 mg/L, TN 40 mg/L, TP 6 mg/L
第6次総量規制(東京湾): COD 11.8 kg/d, TN 10.0kg/d, TP 2.36 kg/d

解説

 いつ見ても過負荷状態で,MLSSも4,000mg/Lくらいあるのだが,その理由は,てっきり,私立大学なので,定員の3割増しとか取る分,その人たちの排水が計算外になっているのだとばかり思っていたが,実のところは,反応槽の容積の一部を雨天時侵入水対策で空けてあるから容積負荷が高くなっているということだそうです。流入水質は,一般的な下水道よりはかなり濃いです。「CODがどうしてBODより低いんだ」なんていうレベルの人はこのウェブサイトの読者にはいないと思いますが,そういう人のために過度に説明を加えると,日本でCODといえば,もちろん,あの有機物を中途半端に酸化するCOD(Japan)で,この記事のCODももちろん,それ。

 また,活性汚泥処理(高度処理を除く)の臭気 も下水処理水臭というよりは糞便臭です。下水道の排水基準や 計画放流水質 に比べると規制値は緩いが,こんなところにも,総量規制がかかっているなんて知りませんでした。ただし,総量規制値は楽勝でクリアー。