J. of Taroten

カテゴリー3: 研究者の生態

●研究者の生態

・環境工学分野の科研費の審査II(2017.7.5)
・レノバサイエンス倒産にみる研究者と代理店の関係(2017.6.12)
・豊洲市場の地下水汚染(2016.09.15)(出演情報を追加2017.3.6)
・地理学という興味深い分野(2016.2.19)
・Uraseさんに新人発見(2015.8.9)
・佐賀県知事選挙に意外な人を発見(2015.2.27)
・研究室旅行の企画あれこれ(2015.2.5)
・純水製造機を修理した(2014.12.8)
・JSTサイエンスニュースに出演しました(2014.07.31)
・そうだったのか,環境工学分野の科研費(2014.4.1)
・バラエティー番組の取材(2014.2.21)
・今年の査読総決算(2013.12.24)(2015.11.6訂補)
・英語論文の校閲サービス(2013.9.28)
・耐性菌ネタをマスコミに売り込んでみた(2013.9.14)
・審査員というお仕事(2013.7.4)
・GC/MS用のヘリウムの入手問題ないでしょうか?(2012.12.18)
・「うつ」のいろいろ(2012.6.27)
・拙著_明解水質環境学の読者評(2012.2.15)
・理科学機器代理店の倒産(2011.10.22)
・業績整理システム(2011.10.14)
・バイオEXPOに行ってきた(2011.7.1)
・「水と水技術」の資格記事(2011.3.31)
・JICA研修「水環境モニタリング」講師(2010.9.22)
・総合技術監理部門の技術士(2010.1.12)
・事業仕分け,科学技術(2009.12.8)
・査読の星取表を一挙公開(2009.11.7)
・上下水道部門の技術士(2009.10.28)
・技術者の可視化とゴルゴ13(2009.3.13)
・ATCCの菌株の輸入(2009.1.8)
・試験問題の作り方,採点の仕方(2008.09.01)
・環境工学教授協会の存在意義(2008.06.27)
・F. Uraseさん,連絡ください(2007.7.4)
・JST-CREST水の循環系モデリングと利用システム(2007.7.3)
・中西準子-松井三郎-名誉毀損訴訟について考えること(2007.05.10)
・ある国の科研費の審査(2006.08.16)
・似非(えせ)科学入門(2005.08.18)
・身近で訴訟が起こっています(2005.05.20)
・土木学会全国大会のプログラムの不思議(2005.05.02)
・環境系雑誌のインパクトファクター(2005.3.7)(2015版に一部更新しました,2017.5.6)
・学術雑誌の査読の仕組み(2005.2.4)
・研究者のうつ(2005.1.27)
・ツーカーの駅貼りポスターが考えさせられます(2004.11.23)
・新事実はパソコンの前で発見されるんじゃない。実験室で発見されるのだ!(2004.09.21)
・雑用現況(2004.07.28)
・研究者のメンタルヘルス(2003.03.10)
・沈黙の春と女性研究者(2002.12.05)
・査読や審査の楽しみ(2002.10.28)
・宇井純講演会と幸せ過ぎる世の中(2002.7.19)
・進化論を拒む人々と原理主義(2002.6.18)
・杉並病は未解決(2002.4.3)
・インパクトファクターと教官の評価(2002.2.27)
・科学論文における匿名性について(2002.2.12)[技術者倫理]
・共通一次試験の監督というお仕事(2002.2.12)
・日本の大学は特殊?--世界の大学の研究費(2001.4.1)