J. of Taroten

八王子アイドル論/高橋みなみ(C5面:近況,2018.6.22)

八王子市環境審議会委員というのをやっていたのだが

 八王子市環境審議会の委員を2010〜2017の期間,務めていました。途中,水循環計画改定専門委員会委員(2014)とか八王子バイオマスエコセンター環境対策評価検討委員会委員(2013-2014)も務めていたことがありました。

 このうち,バイオマスエコセンターは,生ごみをたい肥化する民間の施設(多摩ニュータウンの外周部に立地)で,2012年の稼働当初から地域住民とのあいだで悪臭問題を起こしてしまい2013年から稼働できない状態となった施設です。住民と事業者の間に立って調停する(対策が十分かを審議する)委員会が組織されたのですが,学者はもちろん,行政(八王子市 のほかに補助金を出した農林水産省)も,融資した銀行も,関係者の誰もが決定に責任を取りたくない,奇妙な委員会でした。これでは,住民にとって何のメリットもない再稼働に住民が賛成するはずもありません。その後,2017年に民事再生法の適用を運営会社が受け,いろいろなしがらみが刷新され,再稼働の芽が最近でてきました。


環境審議会委員としての多年の尽力に対して感謝状を八王子市からいただきました。

2017年全国都市緑化はちおうじフェアの応援団に高橋みなみを起用


全国都市緑化フェア

 で,そんな八王子市が環境関係のイベントを開催するのに合わせてパンフレットに文章を誰かに書いてもらおうという話になると,かつぎだされるのが,八王子出身タレント。高橋みなみ(元AKB48メンバー)は,八王子駅南口のオリンパスホールでカウントダウンライブをやるくらいだから,本人にとっても,八王子市関係の仕事は好都合なのかも知れないです。「八王子は高尾山をはじめ,自然がとっても多いんです。普通にカブトムシとか捕まえることができますし,東京なのに東京ではないような感じなんです。」と,市の意向通り,ポイントを押さえたことを「さらっ」と言ってくれるから,市にとっても高橋みなみは便利な人なのかも知れません。逃げるは恥だが役に立つ で取引先の女性役として出演していた内田理央も八王子出身らしいです。

高橋 みなみ 著 (2015)リーダー論,講談社

 タレント本は,本人が書いているのかどうかがよくわからないが,高橋 みなみ 著 (2015)『リーダー論』は,(編集者の手が相当入っているとしても),元原稿は本人が書いている可能性が高そうです。AKBのリーダーとして集団をまとめていく苦労が書かれた本で,「会社経営者が読んでも参考になる」といったポジティブ評価も多い本らしい。ただ,頑張りが書かれるほど,しらけてしまうのも確かで,「AKBを集団としてまとめていくこと自体が必要のないこと,マネージャーなり秋元 康がやればいい仕事ではないか」というふうにも,たろてんは感じました。「人生の暇つぶしついでにAKBをまとめてみました」くらいの脱力した内容で十分に思います。

 本稿以外のAKB出演記事として,pseudo 水の天使薬剤耐性 があります。