J. of Taroten

タミフルの下水処理過程での除去とタミフル耐性ウイルスの出現 (C2面:環境衛生工学,2009.9.8)

京大の田中先生がいろいろご活躍です

 大学の同僚が,「医薬品の下水処理の話,新聞で話題になってましたね」という。京大の田中先生が発表したということなのだが,その後も,「あれは一体どういうことなんですか」というような問い合わせが当方にあり,国土交通省の下水道部も「タミフルに関して委員会を作るので,ご意見を伺いたい」と八王子まで来られたりしました。「環境ホルモンの時は,すぐに問い合わせが殺到したが,今回のタミフルの件は一般からの問い合わせも国土交通省のほうにはない状態です。でも,早目に自治体向けに,タミフルの下水処理での挙動と,新型インフルエンザが流行した場合のBCP(事業継続計画)を通知しておきたい」のだという。新聞に紹介された田中先生の研究結果は,タミフルは,活性汚泥処理では40%以下の除去だったが,オゾン処理では90%以上除去できた,とそんな内容だった。

タミフルは,通常の下水処理では除去できない

 タミフルは,oseltamivir ethylester phosphateの形で固形化し商品化されているが,リン酸の部分は,容易に脱落し,oseltamivir ethylesterが有効な成分である。タミフルは,プロドラッグと言われるもので,体内でoseltamivir carboxylateへ変化し,抗ウイルス作用を持つ。このoseltamivir carboxylateは,それ以上は代謝されず,この形で尿中に排泄され,下水へ流入する。

 oseltamivir carboxylateの分析は,酸性条件下で固相抽出し,LC/MSで分析するのが通常の方法で,カルボキシル基を持っていることからも,pH中性ではイオンであるのだと考えられる。これまでのたろてんの経験からも,この種の酸性医薬品は,pHが中性の領域では,ほとんど微生物分解を受けず,汚泥にも吸着しないものが多いから,田中先生の活性汚泥で40%程度の除去という結果は妥当で,詳しく調べれば,SRTの長い処理場のほうが分解が若干良いとか,汚泥の引き抜きで除去される部分は少ないとか,栄養塩を除去するA2Oなどでの除去率がやや高いとか,そんな結果が得られるのではないかと想像される。高度処理としては,オゾン処理は有効で,凝集沈でん処理は無効,紫外線や塩素処理は・・・と,国土交通省は土木研究所を使って活性汚泥や高度処理の効果のデータを得たいらしいのだが,分析の標準となるoseltamivir ethylester phosphateやoseltamivir carboxylateを製造会社のRocheからどのように入手するかを検討している段階のようである。

 河川での生物分解については,数十日の半減期の単位での生物分解は報告されているから,根っからの残留性でもないようだが,いずれにしても,タミフルの環境挙動は,これまで下水処理で検討されている他の医薬品と基本的には同じと感じる。

抗生物質の水環境での挙動と耐性菌の関係のように・・

 抗ウイルス剤の水環境での挙動と抗ウイルス剤耐性ウイルスの関係は,抗生物質の水環境での挙動と抗生物質耐性菌の関係に似ている。耐性菌の発生や伝播にどのように環境中の微量の抗生物質が影響しているのか,昔から興味がもたれているが,影響しているという確かな証拠はない。活性汚泥の中で,耐性菌が選択されたり,耐性遺伝子が病原細菌へ伝達されたりする可能性も指摘されているが,これもリスク評価が可能な段階ではなさそうで,基本的には,耐性菌の問題は,水環境の問題ではなく,院内感染の問題であると考えられている。ただ,100%水環境の問題ではない,と言い切ることは誰にもできないし,耐性菌の蔓延に水環境が何らかの役割を担っている可能性はかなり高いとはたろてんは思います。

 一方,タミフル耐性ウイルスの場合は,活性汚泥中にウイルスの宿主がいることはないから,活性汚泥が耐性化を促しているという議論はできないが,新聞では,下水処理水に含まれるタミフルが水鳥などに摂取されて,水鳥の体内で耐性ウイルスの出現の手助けをしている可能性があることが示唆されていた。ただ,この可能性は低そうにも思え,下水処理水に含まれるタミフルとタミフル耐性ウイルスの間に関係がある可能性は,抗生物質耐性菌と環境中の抗生物質の間に関係がある可能性よりも数段低そうだが,ゼロとは言い切れないところが,興味の対象になる。

インターネットに溢れるお気楽なコメントで笑ってしまう

 インターネットで田中先生の新聞記事を検索すると,この記事を引用した2chのスレッド様のサイトがいくつかヒットした。そのコメントが笑えます。

「・・・京都大流域圏総合環境質研究センター博士課程3年ゴッシュ・ゴパールさん(30)と 田中宏明教授らが突き止めた。 ・・・」
→ どうして,田中宏明教授の年齢が書かれていないのか
→ 博士後期課程3年の間違いではないのか
「・・・人が服用したタミフルの約80%は、そのまま体外に排出されているとされる。・・・」
→ では誰かがタミフルを服用、そのおしっこを誰かが飲んで・・・を繰り返せば 1人分で延々使えるな。
→ 順番を考えないと無理(イケメン→普通の女の子→ブサメン→ブサメン好きの可愛い子→……)

 こういうばかばかしいコメントはインターネットの特徴。しかし,たろてんの理解では,タミフルは oseltamivir ethylester の形で2割くらいが排出され,oseltamivir carboxylate で8割が排出されるから,oseltamivir carboxylate が oseltamivir ethylester よりも吸収率が格段に悪いとすれば(プロドラッグにしている理由が吸収率の向上にあるとすれば),このリサイクルが成立することはない。