J. of Taroten

水環境中の薬剤耐性菌

水環境学会誌の特集企画が中止になったので・・

 水環境中の薬剤耐性菌について以前プレスリリースというのをしてみたのだが,「こんど 水環境学会誌の特集企画 でこの話題を扱うので,是非,原稿をお書きいただきたい」という話があったのは,昨年(2015年)の今頃のこと。ところが,その後,何回か延期になり,結局,中止になったようだ。代わりに,臭気の特集をすることになった(2017年2月号掲載)ので,耐性菌ではなく臭気について原稿を書いてくれということになりました。多分,耐性菌のテーマでは,適切な特集原稿執筆者が5名承諾しなかったので特集が組めなくなったか,あるいは,大したリスクでもないのに特集するといたずらに人心を惑わすという判断があったか,まあ,おそらく両方なのでしょう。ということで,水環境学会誌上で発表できなくなった「水環境中の耐性菌ってこんな話ですよ」ということを書いてみる。

水環境の耐性菌は新しいテーマではないが,新しい抗生物質に次々と耐性菌が現れることが問題

 水環境中の薬剤耐性菌の問題は決して新しい問題ではない。アンピシリンやテトラサイクリンといった古い抗生物質に対する耐性菌は,すでに自然界に広がっており,たろてんらの15年以上も前の調査でさえ,こうした抗生物質に河川からの釣菌株の10%〜50%が耐性であった1)。こうした古い抗生物質はもはや人の治療にはほとんど用いないので,耐性菌がまん延していても大きな問題ではない。耐性菌問題の健康リスクを考える上では,現在人の治療に使われている比較的新しい抗生物質に対する耐性菌を監視する必要がある。こうしたことも踏まえて,私たちは,第三世代セファロスポリンやフルオロキノロンといった現在の感染症治療の主流となっている薬剤に対する耐性菌や究極のβラクタム薬カルバペネムに対する耐性菌など,現在,稀にしか存在しない耐性菌の存在状況を環境水から釣菌した3629株の大腸菌を対象に調べた結果をつい最近(2016),報告した2)。病院での調査は広く行われているが,特殊なサンプルの寄せ集めに過ぎず,社会の平均値を知ることはできない。環境調査の利点は,流域の平均値に近いものが求められることである。

1) T. Iwane, T. Urase, K. Yamamoto (2001) Possible impact of treated wastewater discharge on incidence of antibiotic resistant bacteria in river water. Water Science and Technology, 43(2), 91-99.
2) Taro Urase, Takaya Sato (2016) Quantitative monitoring of resistance in Escherichia coli to clinically important antimicrobials in an urban watershed. J. of Water and Environment Technology, 14(5), 341-349.

WHO(世界保健機関)も本腰を入れはじめた

 新しい抗菌薬(合成抗菌薬と抗生物質の双方を含む)の発見から程なくして,それに対する耐性菌が発生してしまうのは,昔からある問題だが,新しい抗菌薬が最近,発売されることがなくなってきたという危機感がWHOにはある。これは,新規抗菌薬の探索の余地が小さくなってきたという理由と,製薬会社にとって抗菌薬の開発が慢性病症状安定化薬の開発に比べてうまみが少なくなってきているので開発に挑戦しなくなったという理由があるようだ。とすると,いまある抗菌薬を使い回していくしかなくなるので,耐性菌のコントロールをする必要が増加したということのようだ。WHOは耐性菌コントロールを2011年頃から大きな課題としてとりあげ,それを受けて,2013年には主要8か国首脳会議(G8)で,薬剤耐性の脅威に関する共同声明が採択され,わが国でも2016年に「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン」がまとめられた。

そもそも耐性菌の定義とは

 耐性菌とは,抗菌薬があってもそれに抵抗して生育できる細菌のことだが,耐性菌と感受性菌の境界は,デジタルなものではなく,抗菌薬が薄ければ全然効かないし,抗菌薬が濃ければ多くの耐性菌に対して効く。この耐性菌と感受性菌の境界をどこに置くかについて,国際的な耐性菌試験法である米国臨床・検査標準協会(CLSI)が定めた方法が2012年に大幅改定され,第三世代セファロスポリンとカルバペネムに対して耐性菌とみなす細菌が大幅に増えることとなった。たとえば,セフォタキシムを例にとると,CLSI2007法によれば,腸内細菌の耐性を調べる場合には,最小発育阻止濃度(MIC)が64μg/L以上の細菌を耐性菌,8μg/L以下の細菌を感受性菌とするとしていたのが,CLSI2012法ではMICが4μg/L以上のものを耐性菌,1μg/L以下のものを感受性菌とすることになり,大幅に耐性菌の範囲が拡大した。

環境からの釣菌株の試験ではさらに難しい問題が

 もう一つの問題点は,こうした耐性菌の試験法は臨床検査用途で発達しているもので,患者が耐性菌を排出しているか,そうでないかをデジタルに判定するには優れた方法だが,環境中の細菌を試験して耐性菌比率を定量するには,不向きであり,さらに,正確な値が出ないという問題がある・・と,耐性菌について水環境学会誌の特集に5ページくらい書くのは何でもないのだが,本HPの趣旨にそぐわないので,また,どこか別のメディアで紹介させていただこう。

 なお,たろてんが耐性菌について語る動画(日本語版に加え英語版もある) が科学技術振興機構(JST)から公開されているので,たろてんの顔と声を知りたい人はどうぞご覧ください。また,「都市河川・湖沼の抗生物質汚染の拡大と耐性菌の出現,J:COM東京多摩地区」にも出演しました。自分で自分の動画を見るのは恥ずかしいものです。2014年製作のものなので,少し古くなっています。