J. of Taroten

珪藻のマニアなページ (C2面:環境衛生工学,2009.2.23)

下水処理水が河川に混合する地点

 下水処理水が河川に混合する地点の写真を取ると,典型的には,この下のような写真が撮れる。ディスプレーの色調にも依存するかもしれないが,よく見ると,河川を流れる水の右側半分が黒く見えることがわかる。この地点では,この写真の中ほど上側から下水処理水が写真の左側の河川に流入している。ここの処理水が特に染色廃水を多く受け入れている特殊な処理場ということはないので,たいていの下水処理水の放流口では,こうした様子が観察できるはずである。このような写真が撮れる原因は,水が着色しているからだと考えて良いと思うが,栄養塩濃度の差と水温の差のために,底の石に付着している藻類がかなり異なることも関係しているかもしれない。底の藻類が異なれば,光の反射も異なってくるから,写真にも影響があるだろう。実際,下水処理水の影響がある場所の方が黒っぽい藻類が育つ。


東京都下水道局多摩川上流処理場放流口付近

マニアなページを見つけた

 ということで,この付近の付着藻類の鑑別をしてみようと思ったのだが,その過程でマニアなページを見つけた(→ こちら 東京学芸大学 真山研究室)。水質と珪藻の関係が図鑑になって公開されている。こういうのを無料で利用できるのは,ネットの優れた特性。このような体系的な情報を公開してもらえるのは,有難いです。しかし,考えてみれば,ネットの発達で,売れなくなっている書籍もあるのかもしれない。

(別件:雑用報告)土木学会の会長,ゴルゴ13に登場

 「土木構造物は,誰が作ったのかが,全く表面に出てきません。この黒四ダム,誰が作ったのですか?石原裕次郎ではありませんよ。土木分野は,計画から設計,施工まで多くの人が関わりすぎているから無理だという声をよく聞きますが,では,あの都庁の建物は,丹下健三がひとりでクレーンを操作して作ったのですか?そうではないでしょう」と,土木学会の会長が語る姿が,最近2009年3月発売のビッグコミックの『ゴルゴ13』に出ているらしく,普段,漫画に縁のない土木学会の会長周辺の人たちの間で回し読みされている。