J. of Taroten

環境基準の大腸菌への基準変更について (C2面:環境衛生工学,初稿2013.2.21, 最終改訂2016.4.2)

2013年当時の初出記事以降の動きを加筆(2016年4月2日)

 この記事のほか,以下のような記事が,水質基準関係の記事としてこのウェブサイト内にあります。
・鉄鋼スラグのリサイクルをおびやかすふっ素の環境基準(2015.10.7)
・溶出量・含有量試験の試験方法(2015.6.24)
・最近の水質基準改定(2015.4.3)
・下水処理水と排水基準(2012.10.23)
・WETを環境省が本気で導入する気だそうで(2012.6.9)
・基準や試験法・用語の改訂(2011.08.12原案)(2011.12.14詳述)
・1,4-ジオキサンとオゾン処理・生物処理(2010.3.10)
・伊藤ハム,シアン事件のその後(2008.12.5)

いまは大腸菌「群」ですが・・・

 環境基準項目の衛生指標となっている大腸菌「群」が,水道水質基準にならい大腸菌へ指標変更されるうわさがある。前から問題になっている日本特異のCODの指標変更もできない環境省が,まともに大腸菌指標を検討しているのかは明らかではないが,2016年1月にも「大腸菌の環境基準化に係る検討調査業務」を発注しているから,コンサルには検討させているのでしょう。たろてんが入札に参加するとどうなるのか,こんど,仕様書を検討してみたいものです。2015年末に,底層溶存酸素の基準化がプレスリリースされたが,それに対する「大腸菌やTOCについての検討状況も公開すべきだ」というパブリックコメントには,「ご意見として承ります」と紋切型の回答がされている。「底層溶存酸素」と「沿岸透明度」以外について訊いても,答える義務がないので,「ご意見として承ります」と言われてしまうようです。こんど,誰かに意見されたときに,いちど「ご意見として承ります」と言ってみたいものです。

排水基準と環境基準の値が違い過ぎる

 MPNとかCFUとか/100mLとか/mLとかややこしいので,本HPでは,すべて個/mLと書かせていただくことにして,河川の現行の大腸菌群の基準は,AA類型で0.5個/mL, A類型で10個/mL,B類型で50個/mL,C類型以下で「設定なし」が環境基準。2001年に「東京都としては,多摩川の中流についている水利権を返上するつもりがない」という理由(未確認)で中流部の環境基準がC類型からB類型に変更されたが,これで,困ったことになったのが,大腸菌群である。下水処理場の放流基準である3000個/mLと環境基準である50個/mLとのレベルが異なり過ぎるためである。

大腸菌になっても画餅でいくと腹をくくっているなら問題なし

 これまで環境基準については,BODの達成率を上げる努力はされてきたが,大腸菌群の達成率については,画餅(絵に描いた餅)でいく方針だった(公式にそういうことを言った人はいないが,そういう対応がなされてきた)。このたび,大腸菌群から大腸菌に指標変更がなされるかもしれないが,そこで議論されている大腸菌の基準値は,漏れ伝わるところによれば,AA類型で0.09個/mL, A類型で1.8個/mL,B類型で9個/mL,C類型以下で「設定なし」ということらしい。大腸菌「群」という根拠のはっきりしない指標から,「健康項目」的な性格を併せ持つ大腸菌に指標されると,今度こそ達成率を評価しようと近視眼的なことを言いだす人が出てこないとも限らない。

現状でもぎりぎり守れそう?

 うちの研究室の三宅によれば,2012年の大腸菌の濃度は多摩川の山間部で0.02個/mL程度,拝島付近のはじめての大規模下水処理水流入前で0.8個/mL程度,拝島付近の大規模下水処理水流入後で4個/mL程度,その後,流下とともに増え,流域下水道の4処理場,公共下水道の2処理場を合わせた中流部で9個/mLのB類型値に数回の調査の年平均値としては到達する。多摩川中流部の類型指定がB類型指定に変わってから,流域の下水処理場の塩素注入率が増加した(注入率ベースで0.9mg/L→1.0mg/L)といううわさもあるので,そのおかげもあってか,大腸菌に指標が変わっても,漏れ伝わる環境基準値はぎりぎり達成されるかもしれないが,余裕はない。

塩素処理の強化は問題も大きい

 塩素処理の強化はコストの問題もあるが,生態系への影響という点から問題が大きい。そもそも,BODの環境基準達成にどんな意味があるのか,大腸菌の環境基準達成にどんな意味があるのか,あいまいです。そこがあいまいだからこそ,何のための排水規制か,何のための塩素処理か,膜分離活性汚泥法に置き換えたらどういうメリットがあるのか,そういうことが全部,あいまいになってしまいます。環境分野のあいまいさは,その分野にいる人にとっては心地よいですが,よその分野の人からしたら,低レベルに見えるはずです。長期的にはこのあいまいさが環境分野の教育研究力の低下を招くという危機感を感じている人がどれだけいるだろう。