J. of Taroten

福島第一原子力発電所に行ってきました(2007.1.19)

(2011.3.22訂補)

 本稿を書いたときには,予想もしなかった福島第一原子力発電所の大事故が地震と津波にともなって2011.3.11に発生。福島県飯舘村の飯舘簡易水道の水道水から基準を超えた放射性よう素が検出されたとの報道と,下記の当方記述の「基準はない」との差を気にする人のために,簡単に補足。放射能に関連する水道水質基準はないが,報道で言っている基準とは,原子力安全委員会が定めた「飲食物摂食制限に関する指標」を指しているようです。今回の放射性よう素の検出値は,「飲食物摂食制限に関する指標」の数倍で,別に存在するWHO飲料水水質ガイドライン値の数十倍から数百倍のオーダーのようです。読者のみなさんの手許にありそうな本で信頼できる情報源としては,「上水試験方法」に全α線,全β線の測定法,および,「同書解説編」に放射性物質に関するWHO飲料水水質ガイドライン値とその考え方などが掲載されています。

(2011.3.25訂補)

 東京都の 金町浄水場 からも放射性物質が検出され,今回の東京都の比較の対象は「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値」。検出されている値は福島県飯舘村とオーダーは変わらないので,原発からの距離の割には高い値と言えるだろう。ネット上は,「水道局の会見なう」「さっぱりわからん,詳しい人プリーズ」みたいなページが氾濫中。いずれにしても,水道水質基準は持っておけばよかったし,水道の考え方で基準を設定すれば,事故時には,その数百倍で検出され得ることも今回わかったので,水質汚濁防止法の総量規制に近い概念で,(濃度×時間)の評価軸を持つ必要があるかもしれない。

その後の福島第一について,次のような記事が本HP内にあります

・三宅島噴火を例に避難指示について(2009.5.8)
・分母のないマスコミ報道,放射性物質への手足のない環境行政(2011.3.28)
・庶民感覚・消費者目線の弊害という議論(2011.6.1)
・駅の雑誌の読者層と原子力発電(2011.7.13)
・放射性物質を含んだ下水汚泥の問題(2011.08.22)
・民主主義の限界という議論(2012.1.5)
・大阪の散髪屋の店員の原発観(2013.3.11-13)
・原子力発電所再稼働を容認しない判決が出ていた(2014.12.17)(2015.4.16追記)

大学院授業の休講の穴埋めと研究室旅行を兼ねて

 福島第一原子力発電所に行ってきました。一度原子力発電所を見てみたいと,かねがね思っていたので,大学院授業の休講の穴埋め措置と研究室旅行を兼ねて,センター試験前日の教室の使えない休講日に行って来た。環境衛生工学の分野も原子力にはほとんど手が出ていない。たとえば,原子力関係の大事故があった場合の水道水質基準とかの問題は重要であるにもかかわらず,ほとんど議論されていないと思う。我が国の水道水質基準にもともと放射性物質に関する基準はない。おそらく,水道法とは全く別の法体系であると考えられるが,少々問題ではなかろうか。

 東京から近い原子力発電所として,他に東京電力の柏崎刈羽[新潟]と中部電力の浜岡原子力発電所[静岡]があるが,いずれも,東京からの距離は同じくらいで,まあ,東電の代表的なところでよろしいかと言うことで,福島にしました。ただ,留学生もいたので,越後湯沢付近で日本の雪景色を見るという点では,柏崎刈羽にしてもよかったかなあ,という気があとでしています。内訳は,たろてん研から7名,海研4名,川研2名,地盤研2名,コンクリ研1名,市村研1名,都市気象研1名,たろてんの合計19名(うち,外国人7名)でした。

黄色のドラム缶が120m先までびっしり詰まれてました

 発電建屋(リアクターおよびタービン)にはセキュリティー上の理由で入れてもらえません。見させてもらえるのは,展示施設と作業員の訓練用の原寸大のリアクター,低レベル放射性廃棄物の貯蔵庫でした。意外にリアクターは小さいです。発電所の敷地は広大だが,発電建屋自体はコンパクト。5,000人ほどが働いていて,うち1,000人が東電の社員。残りは,東芝や日立などの協力会社の社員だと言うことだった。リアクターから出る高レベルの放射性廃棄物は,再処理をリアクター横のプールの中で待っている状態で,低レベル放射性廃棄物とは,簡単に言えば,作業員の手袋とか,勝手に修理して怒られてしまったシュラウドの残骸とか,そういうものだそうで,焼却などを施した後,コンクリート詰めされて年間,この発電所では3,000本ほどの黄色塗りのドラム缶入りの状態のものが発生する。こういうことを続けているのも大変なので,低レベルについては,今後発生する廃炉の際の建設廃棄物と同じく,一般の廃棄物として扱えるよう,裾切りレベルを設定するのが妥当と考えられているようだが,国民の理解を得るのは大仕事のようだった。

原子力発電は東電にとってもお荷物?

 津波対策はどうなっているのだと言う質問には,10mの高台にある施設は既往最大の津波に対応だが,津波が押し寄せることよりも,引いてしまうことのほうが,冷却水空焚き状態になるので問題とのことだった。取水は,すぐ前の海から簡易な沈殿池の後方で取水しているようで,温排水は5度くらい昇温してやっぱり発電所脇から放流。あまり,遠くから取水したり,遠くへ放流したりしておらず,たろてんの専門に近い海水淡水化施設や水族館とはだいぶ異なるようである。熱になってしまったら,効率は火力発電と同じかと思ったが,最新鋭の品川火力の熱効率40-50%にははるかに及ばず,熱効率35%ほどとのことだった。原因は,蒸気の圧力などの設計上の差。トータルでの原子力発電のコストは,火力などとそれほど変わらないと言う感じの答えであった。福島から東京までの送電ロスは10-20%という感じのようでした。「ウランの産出国がカナダやオーストラリアなど政情の安定している先進国であること,戦争などで石油の海上輸送が難しい場合にも,当面の発電が継続できることなど,国家のリスク管理に原子力が役に立っている」と言われると,「東電は政府の施策に付き合ってあげている」というようにもきこえる。まあ,実際,そういう面も大きいのでしょう。

原子力発電を止めることによって生じる余計なコストはマスコミも負担すべきかも知れません

 ただ,一旦作ってしまうと,燃料費の負担が極めて少ない発電方法なので,コストは稼働率次第で,いろいろ余計なことをマスコミでたたかれて,(まったく問題もないのに無駄な検査のために)リアクターを止めると他の発電方法に対する競争力が落ちる[こんな露骨の言い方は現場の方はしておらず,対応はきわめて一般市民の好感を得るべく言葉が選ばれていたが,たろてんが,勝手に現場の方の発言を煮詰めると上記のようになる]。まあ,1年間の稼働日数は,がさがさ270日程度ということでした。私の個人的な意見では,原子力発電に特別のリスクがあるとは思わない。ただ,原子力を使わないでも楽しく暮らせる可能性もあるかもしれない。原子力を使ってまで人間が生きようとするからには,それだけのすばらしいことを人間は後世に残すべきである。これが,現代世代の義務感になっていなければならない。

同種の見学をお考えの方の方ために時間と費用の情報を以下に示しておきます。

 バスの借用費用は,押しの強い某秘書に値引き交渉を任せて100,000円(うち高速道路代金15,000円程度を含む)。目的が休講の補完とか研究室旅行やら,いろいろ混ざっているので,大学の費用,あるいは研究室の費用では,バス代は落とさないことにして,参加者の受益負担で1名3,000円づつ集めて,残りはたろてんの方で負担しました。要するに親睦旅行という扱い。だいたいの時間は以下のようで,結構,バスで行くには遠いところでした。

XX大学正門目黒駅守谷SA中郷SA食事福島第一原子力発電所
8:20→→→9:15/9:30→→→11:50/12:3012:45
====19:4019:00/18:4517:30/17:15←←←16:00

道路は混むというが・・

 ところで,道路は混む混むと言うが,たとえば,上記のバスで守谷から目黒までたったの40分である。都市鉄道としては驚異的に速いつくばエクスプレスと地下鉄を乗り継いでも守谷から目黒まで40分では絶対に着かない。原子力発電所見学とは関係がないが,鉄道と高速道路の関係がわかり易い「江田→霞ヶ関」で考えると,東名道を使って東名江田のバス停から霞ヶ関まで昼間で45分,夕方以降は25分で,これも並行する田園都市線と混雑時で同等,閑散時では高速道路の方がかなり速い。もともと,立たせて運ぶ,末端の個別輸送に時間がかかる,待つ必要があるなど不利な要素のある鉄道は,鉄道に有利と言われる大都市でさえ,生き残るのはかなり難しいことがよくわかる。鉄道の努力も全く足りないが,環境面などを加味して税制面でもっと自動車をいじめないと,アメリカのようなとんでもない国に日本はなってしまいます。都市交通の分野では,ヨーロッパ型を目指してほしいというのがたろてんの願いです。