J. of Taroten

動物園・水族館ガイド

はじめに

 子供がいると出かけなくてはならないのが,動物園。しかし,大人もそれなりに楽しめます。動物園の目的のひとつは,たろてんの解釈では,動物を見ていると,動物や人間にやさしくなれること。世の中には悪意のある人,イヤな奴が必ずいますが,そういう人は,きっと,動物園の経験が足りないんだと思います。あとは,展示動物には,科とか目とかの分類が示されているが,アザラシのような鰭脚類は食肉目で,確かにネコみたいな顔だし,一方,イルカは偶蹄目で,また,陸上動物は,蹄の割れ方で偶蹄目と奇蹄目に分類していたりと,分類の面白さを確認できるのも,動物園の楽しさ。

沖縄美ら海,葛西臨海は水処理から見ても面白い水族館

 建設中(2002年当時)の沖縄の美ら海水族館の水処理について別に記した が,水槽はでかいし,外は暑いし,いいです。是非,路線バスで行って欲しいが,バス便が限られているから名護からタクシーが現実的かもしれない。葛西臨海公園もできた当初は,魚が小さかったが,その後大きく育って見ごたえがある姿になった。臨海と名がつくのに,葛西は,敷地そばの海からは取水していない。その理由は,東京湾が汚れているからというのではなく,荒川,江戸川の淡水流入の影響を大きく受けるため,所定の濃度の海水が確保できないからであるらしい。水処理的にも興味深いです。

水族館といえばセイウチでしょう

 鴨川シーワールドで一番見ごたえがあるのはセイウチで,セイウチはほとんど芸をしないが,フィーディグタイムには手くらいは挙げてくれて,悪意の無い表情を見ることができる。イルカは,それに比較して,いろいろ芸をするが,心は汚いようで,これは動物を見て楽しいというよりは,ヒトの方を見て,どのようにトレーニングするのだろうと想像するのが正しい見方であろう。鴨川シーワールドは,ちょっと,入場料が高めではあるので,どこかで割引券をゲットする必要がある。八景島,油壷(京急三崎口),下田(伊豆急下田)なども楽しみ方はいろいろあるが,通常見学ルート以外に,水処理だったり,飼育だったり,裏側を体験できる企画があるので,そういったツアーに参加するとさらに楽しいだろう。

北海道・旭山動物園

 北海道の旭川にある旭山動物園が,動物を間近で見せる,動物の行動を見せるなどの手法によって,多くの観光客を集めることに成功したのは,周知の通り。ただ,この旭山動物園の成功は,かなりの動物園でまねされていることから,今となっては,この動物園だけの手法とは言い難い。たろてんがこの動物園で素晴らしいと思うのは,展示されている説明書きに飼育員の自由な意見表明が見られること。たとえば,オラウータンの展示のそばには,飼育員がボルネオを訪れ,パーム油の生産で失われる野生生物の生息環境について考えたことが記されている。環境衛生工学ではこの動物園のバイオトイレが有名だが,ほとんどはバイオトイレではなく,普通のトイレである。

川崎・夢見ヶ崎

 横須賀線の新川崎駅の近くにある小じんまりした入園無料の動物園が,川崎夢見ヶ崎動物園。上野動物園などに比較するとあまりにも予算が少なそうだが,頑張っている。注目動物として,ヘラジカという大型のシカがいる。本当は北欧などのもっと寒いところにいる動物だそうで,夢見ヶ崎では活発に動いておらず,「はーはー」と苦しそうに息をして体温を放熱中のようだった。2頭ともメス。冬は活発に動くそうなので,ヘラジカ目当てなら,冬に見に行くべきだろう。

多摩動物園

 うちから近い多摩動物園。ここは,マレーバクがやっぱり一番いい。以前は,薄汚いところに誰からも顧みられない姿でいたが,ズーストック計画だかなんだかで,マレーバクの待遇が良くなってしまい,かつての寂しさがなくなったのは,少し残念である。オラウータンの空中ウォークもそれなりには楽しめます。ライオンは,バスに乗って見学するというサファリタイプの先がけだったらしいのですが,ライオン自体はお疲れのようです。たろてんと同じ年に生まれたゾウもいたりして・・。授業でも多摩動物園は使いました

上野動物園

 上野動物園は,ヒグマが良いかも。狭いところを行ったり来たりして時間をつぶしている姿が観察できる。かつて,私が修士課程の学生だったころ,教員が実験室に来て,うろうろしているのを「また,熊さん状態だ」と心の中でよく言っていた。しかし,教員は,熊さんでいいから,常に学生の様子を直に見ていた方がよい。学生の実験を実際に監督しなくなってしまうと,指導上もダメだし,デスクワーク専業人になってしまったお偉い先生が,たまに,本人的には,指導の一環として何かしようとして,すべてを御膳立てした周囲の助教などに「天皇の田植え」と陰口を言われたりする光景はよくある(天皇の田植えには文化的な価値があるが,実務上の価値は無い)。かわいそうなゾウの話も別稿 で紹介しています。

大島動物園

 都立の動物園で見逃せないのが大島動物園。ここの,ゾウガメはすばらしい。ゾウガメは何にもすることがないのでじっとしている。時々動くが,ヒグマと違って,もともと活発に動くものではないから,閉じ込められた空間にいても,痛々しさがない。ゾウガメのゆったり感は心が洗われる。また,この動物園,放し飼いの動物もいたりして,来場者の少ない事を利点として生かす努力がされている。東京都の財政は苦しいかもしれないが,多摩や上野を廃止する日が仮に来たとしても,大島動物園だけは残してほしいと思う。上野や多摩に比較すれば,大島はまったくお金がかかっていないはずです。

(2013.3.3追記)

 大島動物園は無料で,以前は,いろいろなところに門がありました。特に裏門からのルートは優れもので,やたら,球に近い石がゴロゴロしている海岸を抜けて行者窟へ抜けることができましたが,現在,動物園のコンパクト化リニューアルにより,このルートが通行不可になっています(柵を乗り越えれば行けるが・・)。また,放し飼いなどはなくなり,やや動物と人との距離は遠くなりました。ただし,相変わらず,ゾウガメは幸せそうでした。ラクダもなんだかよかった。

宇都宮動物園

 宇都宮動物園(東北自動車道宇都宮インター付近,宇都宮駅から今市方面行きバス(20分に1本くらいある)で下金井町下車)は,えさを直接動物に与えることができるのがよい。動物の顔が近づくと,「そういえば,○○先生は馬に似てるな」「○○先生はブタさんだな」というように,人の顔が意外に動物の表情に似ていることに気付くだろう。子ども向けのプールもあって,小学生低学年くらいまでの精神状態の人には,かなり,面白いといえるだろう。

井の頭自然文化園

 ここは,何と言ってもゾウの花子。このゾウ,酔っ払ってゾウ舎に侵入した客を死亡させたり,飼育員を殺したりで,殺人ゾウの異名も取るのだが,ゾウにとっては悪気があってのことではないだろう。その花子も2016年5月26日に死亡。戦後間もなく,1949年に日本へタイから渡ってきて,60年以上の間,ゾウは何も考えていなかったかもしれないが,日本の人々に多くのドラマを提供してくれました。ゾウに対してというより,その周りの人に対して,感動です。

海外(タイ,マレーシア,スイス)

 バンコクのクロコダイルファームはワニではなく,カバがよい。20バーツでバナナを買って,カバに与えるとカバが無表情に食べてくれます。クアラルンプールの動物園はクジャクの放し飼いがなかなかよかったです。チューリッヒ動物園は駅前からZoo行の市電でいく。温室などが有名。

ヒトと動物とのかかわり/距離感

 カバと言えば,金沢と小松のあいだにあるいしかわ動物園(2011.12.7訂補:ただし,長寿のカバは残念ながら2010年に死亡しました)。公共交通機関の便はあまりよくないですが,施設が新しく,動物園の意義のアピールがうまい。地元石川県の生物・自然環境の記録にこの動物園が大きな役割を担っていることが,感じられ,飼育員の方がここで展示されている鳥の由来について「ガラス窓にぶつかって飛べなくなった鳥が運ばれてきたもの」などと説明してくれると,それまた,動物園の役割を感じます。高尾山の猿山も規模の割には楽しめる。サルといえば,外国人に人気の観光スポットである 地獄谷温泉野猿公苑(スノーモンキ―) は餌付けをしているので,全くの野生ではないが,人と動物の微妙な付き合い方を提示してくれています。横浜のズーラシアは,動物までの距離がありすぎてあまりよい印象ではないですが,10年以上も前のことなので,最近は良くなっているのかもしれません。