J. of Taroten

報道機関からの電話でシアンについてコメント (C2面:環境衛生工学,2008.10.27)

報道ステーションから電話

 電話が「報道ステーションのN」という方からかかってきて,伊藤ハム地下水シアン化合物の事件について水質の専門家としてコメントせよ,というのだ。シアンの毒性の話ではなくて,次亜塩素酸とシアンの関連について,コメントせよとのことでした。なお,本稿以降,あきらかになったことは,→ 伊藤ハム事件のその後の顛末 に記しています。

シアンが消毒副生成物に仲間入り

 水質に永く携わっている人のなかでも,消毒副生成物というと,トリハロメタンかハロ酢酸か,という意識の方が多いが,アンモニアやアミン類,有機物を前駆物質として塩化シアンが塩素消毒で生成するし,塩化シアンが,シアン化合物にまとめられて測定することに上水試験法が改定されたことと今回の事件が関係しているようにも見える。今回のシアンが消毒副生成物由来説を支持する資料として,以下のものがあり,0.01 mg/Lを超えて生成する場合があることが示されていいます。また,AERA11月17日号にも塩素処理副生成物説が真柄先生のコメント付で消毒副生成物説がとりあげられています。

 千葉衛研報告28, 23-24, 2004 要旨 平成16年4月1日から施行された新水質基準の消毒副生成物項目として、「シアン化物イオン及び塩化シアン」が設定された。シアン化物イオン及び塩化シアンは、塩素消毒によって生成されると言われているが、生成機序は充分に解明されていない。平成16年度に実施した新水質基準全50項目の検査でシアン化物イオン及び塩化シアンが検出された水道区分の内訳を見ると、専用水道、簡易専用水道及び小規模専用水道であり、原水に塩素のみを加えただけの水道施設であったことから、井戸水を塩素消毒し、シアン化物イオン及び塩化シアンが生成するかどうかを検討した。従来、シアン化物イオン及び塩化シアンの生成の主な要因は、原水中のシアンの存在と考えられていたが、シアン汚染の無い水に塩素消毒剤を添加した実験結果から、広く井戸水に存在する前駆物質が残留塩素と反応して、シアン化物イオン及び塩化シアンが生成されることがわかった。また、井戸水に遊離残留塩素が検出されない濃度の次亜塩素酸ナトリウムの添加でも、シアン化物イオン及び塩化シアンが生成されると思われた。

テレビ出演で音声が使われた

 ということで,電話を録音されたものが,「報道ステーション」で使われてしまいました。当方は,別にシアンの専門家でもないのですが,うまく編集されてしまうと,「消毒副生成物の可能性が高い」と断定的にきこえてしまうところが少し怖いです。あと,電話は突然かかってくるものなので,原水の水質,原水から検出されたのか塩素処理水から検出されたのか,検出されたのが塩化シアンなのかシアンなのか,考えられる汚染源の有無,井戸の深さなど詳細な情報がわからない状態であたり障りなく答えるのは難しかったです。他局では,塩素酸が検出されたといっていたのですが,これは次亜塩素酸の保管方法に由来する問題になり,→ 伊藤ハム事件のその後の顛末 にその関連を記しました。

 → さらに豊洲問題でのテレビ出演について,こちらに記載。

これをお読みの学者の方へのアドバイス

1) 定説や確実な根拠のあること以外のことを述べると,電話を切った後で,「拙いこと言ったのではないか」「編集の継ぎはぎで誤解される内容にならないだろうか」と,悶々することになるので要注意です。
2) 夜に電話がかかってきて,「今晩のニュースで使いたいので・・・」というように取材は突然,かつ,すぐに放映されます
3) 相手の連絡先を確認しましょう。後から考え直して,訂正したい場合があるかも知れません。
4) 原因の特定をコメントしたつもりが,責任の所在の特定に使われ,特定の企業の損得という形に発展するかも知れません。たとえば,伊藤ハムに水処理設備を納品した水処理会社や伊藤ハムから試料を採取して分析した会社の責任の追及にコメントが使われたりすると,あとあと面倒かも知れません。