J. of Taroten

多摩地域の水道用井戸からのPFOS, PFOA問題 (C2面:環境衛生工学,2020.11.20)

フッ素系界面活性剤問題

 PFOS, PFOA問題は,研究者レベルでは,相当昔から問題が知られており(J. of Taroten内でも 2006年の学会でフッ素系界面活性剤のlog Kowを学会できいたら怒られた という話題や PFOS, PFOAの人体影響 の話題を紹介),拙著「新 東海道・水の旅」では,最後の新大阪駅のゴール直前の章で,「淀川本川の水質は比較的良好に保たれた一方で,両脇の神崎川,寝屋川が実質的な排水路の役割を担った」という 中西準子版 の記述とともに,神崎川のPFOS, PFOA問題を書いたか書かなかったか・・。神崎川の件は原因企業もはっきりしているはずだが,明確な被害もなさそうなので,沙汰やみになっているのかも知れない。

難分解性かつ蓄積性,でも,有害性はそれほどない?

 PFOS, PFOAは,環境中での分解性が低く,人体などへの蓄積性も高い。ただ,人が暴露しているレベルで有害性があるのかは不明で,おそらくは高い有害性ではないのだろう。ただ,人体にたまる一方だと,気味が悪いのは確かである。水道水質基準 として,基準項目ではないが,水質管理目標設定項目として2020年4月から0.00005 mg/L (50 ng/L)が設定された。

たろてんの居住地でも話題に

 昭島市が地下水100%で有名だが,東京多摩地域では,東京都水道局からの多摩川系,荒川系の表流水給水地域でも地下水を半分くらいブレンドして給水している地域が大きく広がっている。たろてんの住んでいるところの近くにも水道用の井戸がたくさんある。地下水は表流水に比べて,「おいしい」「夏は冷たく,冬は暖かい」など利用者に都合がよい特徴をもつので,なるべく利用したらいいと思うが,15年ほど前の 1,4-ジオキサン 問題のときにも,多摩地域の水道用井戸から数十μg/Lの濃度レベルでこの物質が検出され,地下水利用の注意点を示している。そして,今回,2020年の多摩地域の水道用井戸のPFOS, PFOA問題。沖縄のPFOS, PFOAと同じで,米軍基地(横田)が汚染源として疑われ,調査されているときいています。