J. of Taroten

島々ガイド (C1面:旅行・出張, 初稿2004.5.14, 最終改訂2013.3.3)

1. 伊豆・小笠原諸島概説

 伊豆諸島は,近い方から大島,利島,新島,式根島,神津島,三宅島,八丈島が大きな島で,ちょっとマニアなのが,御蔵島,青ヶ島となる。さらに遠いところには,小笠原諸島の父島,母島もあり,やはり竹芝桟橋から船で行くが,この2島は伊豆諸島の仲間には入れず,小笠原諸島となる。

 伊豆諸島は,(御蔵を除いて)必ず温泉があり,生きている島という感じがする。島の形は,それこそ火山が洋上に突き出ているような島なので,良港と呼べるものがなく,冬期を中心に,海況が悪いと船が運休する。伊豆諸島は,ほとんどの島で,客船が発着できる港が2箇所あり(たとえば,大島なら元町と岡田),風向きや波高によって使い分けているが,島に一箇所,貧弱な桟橋があるだけの利島,御蔵島は,海況によっては近くまで船が行っても接岸せず,通過となる。どの島も侵食が激しく,毎年毎年,これでもかというほど,テトラポットが投入されている。テトラポット自身も侵食されて,丸くなる。

 伊豆諸島と異なり,小笠原は二見港という良港を持つが,父島には活動的な火山がなく,温泉がない。物価は,小笠原も伊豆諸島も,高い。都内より高いかもしれない。同じ島でも,沖縄が総じて何でも安いのとはかなり異なる。島が良いのは,おそらくは,車で行けないため,何となく通常の生活から切り離された感じが味わえるところかもしれない。

1.1 式根島(2006.05.06追加)

 ここは,平らな島で,遊歩道を歩くと自然が深いことを感じる。ここを訪れる人で意外に見かけるのが,外国人の男性と日本人の女性というinternationalなカップル。もちろん,日本人もそれなりに多く見かけますが,欧米系外国人に人気がある島のようであった。観光地めぐり系というよりは,秘境満喫ワイルド系という感じの人が集まります。最近はどこの観光地も平均年齢が高いが,この島は,小笠原とともに,伊豆諸島の中でも圧倒的に訪問客の年齢が低い気がする。水着で入る海岸の湯壷もなかなか楽しいです。OL系若いお姉さんもそんな湯壷で結構見かけます。

 ちょっと,興味深いものを見たかなあというものが,お葬式。東海汽船の客船から旅客が下船した後に,島の若者が大挙して船に乗り込んだので何がおこるのかと思ったら,棺がその人たちによって,担ぎ出された。おそらく,島の誰かが東京で亡くなったのだと思う。島の生活を支える東海汽船の船はなんと遺体の運搬までしているのだった。そして,家族が泣く中,島民が大勢,桟橋でその棺の島への迎え入れを見守るのだった。翌日,島中の車が島の火葬場へ向かい,火葬場へ車が消えるとまもなく,火葬場からは真っ黒な煙が立ち昇るという,光景を見ながら,ダイオキシン生成を抑えるためにも,もう少し,火葬場の燃焼管理をしたほうが良いのではないかと,考えた。

1.2 三宅島(2009.5.8追加)

 三宅島は,2000年の噴火以来,5年間ほど人が居住しない島 だった。島には,いわゆるチェーン店系のコンビニというものがないが,何でも屋さんは,食堂や弁当屋をかねていて,それなりに美味しいし,他に店がないので結構にぎわっていた。島の中央部は,二酸化硫黄排出のため,立ち入りができないので,ハイキングには,向かないが,それでも,海岸線をぐるぐる回って歩いても,それなりに面白い。ただ,風が強いので,雨が降ると大変だった。降水量も,年に3,000mmくらいあり,東京都心の約倍。釣りとダイビングが主な観光のようだが,三宅島が無人島化した間に,三宅島からの連絡船で行くのが普通だった御蔵島に八丈島行きの定期航路が三宅島の代わりに立ち寄るようになり,イルカとスイムといったレジャー形態の拠点が,隣の御蔵島に移った。

 島の交通は,外周道路を内回り,外回りとも一日5便ある路線バス。いつものことながら,大活用しました。バスは,2台あれば,この路線バスの運用のすべてをカバーできるが,バスの車庫には,10台以上はバスがいたような気がする。何のためかわからなかったが,おそらく,火山災害関係のいざというときの避難のためと思われる。客船は,錆ヶ浜か三池に着く(最近は伊ヶ谷も使うらしいが,当方が訪問した際は,入港地が三池で出港地が錆ヶ浜)。三池は,現在高濃度地区内。桟橋のそばの街は無人で,昔はにぎわっていたと思われる店は,火山ガスにやられて,すべての鉄がさびたままで,ドアも割れて放置状態です。

1.3 神津島

 神津島で歩くといえば,天上山ハイキングだが,なかなか楽しい山歩きです。風が強いが,山頂付近は砂漠となっていたり,密林となっていたりで,なかなかよいです。島に一軒しかないパン屋のパンは素朴でおいしかった。神津島の味といえば,すぐに,刺身とかそういう料理を思い浮かべがちだが,刺身の魚も本当に神津で取れているのだかどうだか。このパン屋のパンこそが,本土では味わえない神津島の味です。海が荒れると,風向きによっては,多幸湾の桟橋を使うのだが,大型客船が接岸のとき,180度向きを沖合いで転回するとき,横波を受けている船を見ると,「おい大丈夫か」と思わず,声をかけたくなる。

1.4 小笠原父島

 ここは,リゾートの価値という意味での自然は大したことはない。ただ,空港がないから飛行機で行けなくて,週に1便の船で25.5時間かけていくからこそ,なんだか離島気分が味わえるという仕掛けになっている。16時間で運行する高速船就航の計画があったが,大赤字が見込まれることから運行会社が引き受けを拒否。今度は,空港の建設を考えているというが,これは25.5時間かけていくからこそ良いという部分を失う恐れがある。海水浴なら,沖縄の島々の方がずっときれいなのだから,そんなところと同じ条件で競争しても負けてしまうだろう。

 小笠原で恒例なのが,島から竹芝行きの大型客船が出発する際の漁船によるお見送り。漁船が,何艘も客船の横をついてきて,ここで終わりというところで,漁船に乗っている人が「ばっしゃんー」と海に飛び込んでお別れする。その光景に手を振りながら,客船に乗って東京へ帰る人は楽しかった小笠原の滞在をかみしめて,感動のあまり泣いてしまうというのが定番だ。

 小笠原は過疎の寂れた町という暗いイメージが全くない。むしろ,人口は微増傾向だときいている。若い人が,ふと,都会につかれて,しばらくいついてしまう,そんな人口構成も若い島だ。ちなみに,小笠原へ行ったときに,船は,直感と異なって,中央上部が最も揺れないということ,自分と一緒に動くものを見ると酔うので,水平線を見ると酔わないということ,などを学んだ。船から見る星空もまた格別。

1.5 伊豆大島

 ここは,伊豆半島や東海道新幹線からも確か見えたと思うが,とても本当は熱海あたりから近い。竹芝から夜行客船で行くのはちょっと時間的にはばかばかしいが,夜行だと翌日の時間を有効に使えるので,ジェット船が就航するようになった現在でも,夜行客船で行くのもよいように思う。最初にこの島を訪れたのは,1986年のことで,このすぐあと,三原山が噴火して,島の中心部は大きく地形が変った。数年前に大島を再度訪れた。三原山をぐるりと一周して,そのあと,大島温泉ホテルから大島動物園への道 をこれもひたすら歩いた。新たに溶岩の流れ出した周辺は砂漠および古い溶岩帯になっており,砂漠をぐるっと回りこんで,溶岩流の先端に大島動物園への踏跡と噴火前の古い道標を発見し,この道をたどることができた。こういう島は植物の生育が早そうだから,今もこの道をたどれるかどうかはわからない[2013.3.3補足:三原山火口から大島動物園への登山道は再整備され,濃霧の際以外は,簡単にたどることができる]。この 大島の動物園はかなり優秀な動物園 である。さらに,ロゲイニング大会参加記2012-2016ロゲイニング大会参加記2017 もご覧ください。

1.6 八丈島

 八丈富士という名前だったと記憶しているが,島の北側の山に登山した。船で行って飛行機で帰るというパターン。あまり,秘境というイメージではない。もう少し明るい感じ。近くに八丈小島という島があって,都の政策もあって,廃村になっている。八丈小島が廃村になるときの絵本が売られているのだが,ちょっと感動します。山羊だけが現在の住人のようだ。

2. 東京湾

2.1 猿島

 東京湾に浮かぶ無人島である。横須賀から船で10分ほどで行く。海水浴もできるビーチというが,海水は,赤潮で着色しているし,富栄養化のせいか,くらげがいっぱい丸々と太って育っているから本当に泳ぐのはちょっと難しいと思う。それよりも面白いのが,首都空襲に来た米軍飛行機を打ち落とすために設けられた砲台や地下壕などの軍事施設。ちょっと,見ごたえがあります。最近は,「エコミュージアム猿島」として整備したり,全国で9ヶ所が認定されている「推奨土木遺産」と猿島がなっているらしいということを付け加えておく。

3. 瀬戸内海

3.1 小豆島(2012.05.07追加)(2012.12.31訂補)

 八日目の蝉という不倫関係の女性が本妻の赤ちゃんを連れ去ってとことん逃げる,というストーリーのNHKドラマ化版をいつだったかの再放送で小豆島の部分を中心に偶然見た(映画版もあり)。犯人同情型のお涙頂戴ストーリなのだが,きっちり読者を泣かせる舞台として小豆島が設定されていた。見学スポットとしては,山岳霊場である笠ヶ滝寺の鎖場,くぐり岩,洞窟はなかなか訪問するといい場所です(NHK版で希和子はこの霊場で薫とずっと一緒にいられるように願うのだが,一瞬,薫を見失った希和子がパニックに陥る場面の撮影地)。

 島内の移動のために電動アシスト付き自転車をはじめて借りて銚子渓お猿の国まで乗ったのだが,これは,なかなか,便利な乗り物でした。お猿の国は,人の手があまり行き届いていない分,間近で猿が楽しめます。また,冬期のふるさと村のイチゴ狩りは最高においしいです。小豆島は岡山,姫路,高松からカーフェリーで行くのが一般的。大島などの伊豆諸島航路が基本的に車は乗せない客船主体で運行されているのに比較して,小豆島はカーフェリー主体です。この差はどこから来るのか,興味深いです。

3.2 女木島(2012.12.31追加)

 高松からフェリーで20分,目と鼻の先です。もも太郎の鬼が住んでいたという洞窟の観光がメイン。本当に,もも太郎と関係があるのかは不明だが,洞窟内には,鬼の人形が多数展示されているし,鬼が盗んだ財宝も見ることができる。夏は,海水浴などの楽しみ方もあるようだが,冬は,何にもないところ(だが,それもまたよし)。

3.3 屋島(2012.12.31追加)

 源平合戦でも有名な屋島は,高松から陸続きなので,本当は島ではない。琴電屋島で電車を降りると,目の前にケーブルカーの駅が見えるので,歩いていくと,何とケーブルカーは廃線。どうも,車との競争に負けてしまったようだ。仕方がないので歩いて登ったが,40分ほどだったと思う。頂上には,水族館もあったりで,水族館自体はなかなか頑張っているようでした。

4. 南西諸島

4.1 与論島

 ここは,鹿児島から最後の国産旅客機YS-11で2時間ほどで到着。離島の空港って,本当に駅のキオスク程度のターミナルだ。入島すると,パスポート(あまり有効ではない)をくれたりする。自転車でぐるっと島を一周したが,途中から雨に振られて大変だった。南の島の雨は大変だ。翌日,うちの息子が熱を出して島の与論病院に行ったことを覚えている。

4.2 屋久島

 ここは,鹿児島から高速船で行く。実は,新婚旅行で1990年に行ったのだ。世界遺産に指定されてものすごく人気の出た島だが,当時は,そんなこともなく,静かな島だった。静かだった頃に目をつけたのが我々のえらいところで,二人でこれから生きていこうと決意するには,よい島だっと思う。

4.3 座間味島

 ここは,那覇 から高速船で行く。島に行くと,「車にはナンバープレートをつけましょう」というなぞの警察の立てた看板が。そう言えば,ビーチまで送ってくれった白タクにもナンバープレートはなかった。日本の中にあって,治外法権のようなところなのだろう。海は確かにきれいだったが,たろてんがここを訪れた翌年が珊瑚の白化の年だったようで,もう,あのきれいな海ももしかしたらないのかも知れない。

4.4 渡嘉敷島

 ここも,座間味と同じで,那覇から高速船で行く。ここの島の車には,ナンバープレートはついていたように記憶している。座間味より,ちょっと大きい島だったと思う。海はそれほど印象的とも言えないが,暇つぶしには良いところだったような記憶だ。

4.5 宮古島

 ここは,宮古島水道見学記 として紹介した。島の路線バスに乗ったが,終点で,降りたら,運転手が「どこ行くの?」というから,「別にあてはないのですが」と答えると,「じゃあ,ここで自転車を借りなさい」とバスの車庫の裏にある自転車をただで貸してくれた。でも,この自転車が半ば壊れているような自転車で,結構乗るのがつらかった。

5. その他

 【佐渡】は,金山を見たくらいしか覚えていない。ただ,陸続きでないということは,何となく静けさをもたらすような気がした。あんまりマイカーで観光に行けないからか,定期観光バスが発達していた。
 熱海から船で1時間ほどで行く【初島】,ここは,アジ丼がおいしかった気がする。
 成田から飛行機で3時間ほどで行く【サイパン】,ここは,外国という感じではないが,ノースウエスト航空のおばちゃんにうちの息子が叱られていたのを覚えている。
 マレー半島の先っぽの【シンガポール】も,ある意味島。2回行っているが,うち一回は,うちの息子と二人旅行で行った。用事自体は,対岸のマレーシア工科大学の先生(今は学長になっている Zaini Ujang )が,「滞在費は出してあげるから,うちの学生に講義してやって。ただし,航空券をは自分で払ってね」というので,うちの息子の国際経験をつけるために,連れていって,講義が終わったら一目散にシンガポールに戻ってきたのだった。シンガポールには,日本人が第二次世界大戦中に悪さをしていた記念碑がある。日本人の戦前の膨張志向,侵略志向は決して誉められたものではないが,海外に進出しようという意欲は現在の我々も見習うべきである。シンガポールのこの碑を見ると,「日本人も昔から活発に外に出ていたのだ」と感動する。

 島の良さは,簡単には,出入りができないこと。だからこそ,ゆっくり過ごせる。

1983年噴火で生じた溶岩地帯(三宅島)