J. of Taroten

環境系雑誌のインパクトファクター2005(一部2015年版を追加)

2015年版データを追加しました(2017.5.6更新)

 この原稿は,水・環境系雑誌のインパクトファクター1999-2000 のその後の状況を2005/2007に書いたものです。このページはよく検索されているようで,読者の便宜を図るため,一部の雑誌について以下の表のように2015年版インパクトファクターの情報を追加しました。最新版のIFを網羅的に掲載すると,ISI-JCRの著作権に抵触するため,以下の雑誌に限定して,また,2016版が発表されるいまの時期に2015版の情報を追加しました(このウェブサイト上の古い記事に基いて作成したため,一部,データに錯誤がある可能性があり,もし,何かお気づきの点があればお知らせください)。

水環境系雑誌・有名科学雑誌のインパクトファクターの推移

Journal title 19992000200520072015
CHEMOSPHERE1.2551.0331.9042.7393.698
ENVIRON SCI TECHNOL3.7513.5924.3635.393
J HAZARD MATER1.0992.3374.836
MAR POLLUT BULL2.3343.099
NATURE29.4925.8138.14
SCIENCE24.6023.8734.66
SCI TOTAL ENVIRON1.4552.1823.976
WASTE MANAGE RES0.6500.4620.661
WATER RES1.7481.2851.8123.4275.991
WATER SCI TECHNOL0.8950.4950.7101.2401.064
WST - WATER SUPPLY0.532

工学分野の研究者の投稿先は総じてIFが低い

 Water Researchには,2005年(この原稿の原案作成時)にたろてんの論文を掲載していただいたが,この雑誌のImpact factor(以下,IF)は水環境分野の雑誌の中では依然として高いです。この原稿の初稿作成時に所属していた大学では,教員評価をこうしたIFでしようという構想があり,先生方の業績の調査が行われました。土木系の先生方のように土木学会論文集が大事と思っていたりすると,こうした尺度での評価は低くなるようです。環境衛生工学は,応用色が高い分野でありながら,一方で生物や化学系の理学系の特徴も持つことから,比較的成果が英語で流通しやすく,土木工学分野の中ではIFが高い部類になる。一方,土質力学,水工学などは,分野としての成熟度が高く,原理的に新しいことが出にくい状況のようです。生物系や化学系など理学系の分野には工学系に比べてIFが高い雑誌が多く,たろてんよりもたろてんの奥さんの方がIF競争では高位置にいます。こうしたこともあって,最近(2005年当時の話),土木学会で英文雑誌をつくろうという機運があるが,身内で格付けしただけでは,いくら英語で書いても,英語で引用されることがないので,なかなか道のりは険しそうだ。

●インパクトファクター2005

Abbreviated Journal TitleImpact Factor
AQUAT CONSERV0.951
ARCH ENVIRON CON TOX1.857
ARCH ENVIRON HEALTH0.878
ARCT ANTARCT ALP RES0.954
ARID LAND RES MANAG0.264
ATMOS ENVIRON2.338
B ENVIRON CONTAM TOX0.599
BIODIVERS CONSERV1.060
BIOGEOCHEMISTRY2.580
BIOL CONSERV2.056
BIOMED ENVIRON SCI0.609
BOREAL ENVIRON RES0.538
CHEM SPEC BIOAVAILAB0.615
CHEMOSPHERE1.904
CLIMATE RES1.159
CLIMATIC CHANGE2.326
COAST MANAGE0.636
CONSERV BIOL3.279
CRIT REV ENV SCI TEC2.133
ECOL ECON1.230
ECOL ENG1.058
ECOTOX ENVIRON SAFE0.983
ECOTOXICOLOGY1.468
ENERG POLICY0.714
ENVIRON CONSERV1.458
ENVIRON ECOL STAT0.310
ENVIRON ENG SCI0.526
ENVIRON FORENSICS1.463
ENVIRON GEOCHEM HLTH0.565
ENVIRON GEOL0.605
ENVIRON HEALTH PERSP3.408
ENVIRON INT1.226
ENVIRON MANAGE0.875
ENVIRON MODEL ASSESS0.679
ENVIRON MODELL SOFTW0.780
ENVIRON MOL MUTAGEN2.000
ENVIRON MONIT ASSESS0.651
ENVIRON POLLUT/3.1352.002
ENVIRON RES1.452
ENVIRON SCI POLLUT R1.216
ENVIRON SCI TECHNOL3.592
ENVIRON TECHNOL0.563
ENVIRON TOXICOL1.271
ENVIRON TOXICOL CHEM2.429
ENVIRON TOXICOL PHAR1.280
ENVIRONMENT0.508
ENVIRONMETRICS0.598
ESTUARIES1.336
FIELD ANAL CHEM TECH1.406
GEOMICROBIOL J2.145
GLOBAL BIOGEOCHEM CY3.383
GLOBAL CHANGE BIOL4.152
GLOBAL ENVIRON CHANG1.708
HUM ECOL RISK ASSESS0.731
INT BIODETER BIODEGR0.621
INT J BIOMETEOROL1.444
INT J ENVIRON AN CH0.616
INT J ENVIRON HEAL R0.588
INT J ENVIRON POLLUT0.116
INT J LIFE CYCLE ASS1.035
J AEROSOL SCI1.738
J AIR WASTE MANAGE1.115
J ARID ENVIRON0.692
J ATMOS CHEM3.165
J CHART INST WATER E0.216
J COASTAL RES0.772
J CONTAM HYDROL1.438
J ENVIRON BIOL0.157
J ENVIRON ENG-ASCE0.727
J ENVIRON HEALTH0.341
J ENVIRON MANAGE0.624
J ENVIRON MONITOR1.186
J ENVIRON QUAL1.682
J HAZARD MATER1.099
J HEALTH POPUL NUTR0.564
J HYDROL ENG0.793
J PALEOLIMNOL2.333
J TOXICOL ENV HEALTH1.795
OZONE-SCI ENG0.475
POL J ENVIRON STUD0.461
REGUL RIVER1.766
REMOTE SENS ENVIRON2.641
RESOUR CONSERV RECY0.618
REV ENVIRON CONTAM T1.321
RIVER RES APPL0.600
SAR QSAR ENVIRON RES1.830
SCI TOTAL ENVIRON1.455
SOIL SEDIMENT CONTAM0.594
WASTE MANAGE1.088
WASTE MANAGE RES0.462
WATER AIR SOIL POLL0.883
WATER ENVIRON RES0.874
WATER RES1.812
WATER RESOUR RES1.549
WATER SCI TECHNOL0.710
WETLANDS1.280