J. of Taroten

雑用現況 (C3面:研究者の生態,2004.7.28)

今年は学科長

 たろてんの場合,エフォートの50%が研究,30%が教育,20%が雑用ということになっている。大学院重点化した組織の学科長は,閑職かと思いきや,今年は忙しい。JABEE 対応の6cmのドキュメントを作る作業の責任者です。ほかに学科長の重要な仕事として,土木工学科改名があり,「環境」という名前が特定の学科に使用されるのを嫌う他学科との交渉で暗礁に乗り上げている。こうした困難な仕事への手当てとして,ボーナスは2割増。また,英語教育関係の学内の委員会の委員長もはじめました。この英語教育の委員会に携わってから,自身のTOEICやTOEFL スコアーも上昇した。

学外はこんな感じ

 土木学会の倫理教育については,勉強にはなったという感じだ。こんど,土木学会誌(たしか9月号あたり)に環境関連の土木技術者の倫理についての文章が掲載されることになっている。自分の執筆した文書が残ると雑用もやりがいがある。あとは,造水促進センター関連。これも,造水技術の原稿や造水ハンドブックという形で自分の執筆したものが残るのでうれしい。続いて,○○の出題委員。これ結構大変ですよー。今年で2年目。 ビーバーのダム作りは「設計」という概念に相当するかどうか 答えを出さなければなりません。下水道新技術機構の技術評価の委員。これは,1回の委員会の拘束時間が長く,おまけに,技術を説明してくださる方のプレゼン技術が低過ぎる。今年は,論文誌の編集委員もたくさんやっている。水環境学会誌はクビになったが,英文誌Water Researchと土木学会論文集第7部門の2誌は査読者の割り当てなどの査読業務を管理している。これも,結構,大変です。特に,Water Researchはアジア地区からの投稿に対してのほとんどすべての 査読コメント をチェックしてますから。あとは,JICAの水質モニタリング研修講師 とかも・・。