J. of Taroten

研究者の「うつ」はありふれた病気だそうです (C3面:研究者の生態,初稿:2005.1.27,最終改訂:2018.3.9)

人口の3%がうつ?

 うつ病は,結構多い病気である。厚生労働省ウェブページ(2018参照)によれば,日本でのうつ病の12カ月有病率は1〜2%、生涯有病率で3〜7%であるという。うつや関連した障害にもいろいろあって,また,その原因にも,本当に脳に病気がある場合,何らかのショッキングな出来事に遭遇したような場合などがあって,簡単に性格のせいだと決めつけるわけにはいかないようだ。でも,几帳面だったり責任感の強い人にうつが多いのも事実なようで,一般に好ましいと考えられる性格がうつととなりあわせになっている。研究者も例外ではない。

「電車ですることがなくても,難しい論文を広げようという元気が出ない」は要注意

 脳の病気だったり,もともと内因的な場合を除いて,研究者がどのような場合にうつになるかというと,研究がうまく行かないというのも,当然あるだろうけど,たとえば,研究室というような小さな単位の所帯であっても,それを統率・管理していく責任がでてきたり,研究・教育といった本務以外に学科や組織に責任がでてきたり,担当する学生など自分以外の人に対する責任が生じると苦しい場面があるようだ。自分のことなら,自分が我慢すれば良いだけだが,他人や同僚の問題が発生していると,ことがやっかい。「仕事の優先順位がつかない」「電話するのがおっくう」「なんだか,ぼーっとして時計ばっかり気になる」「電車ですることがなくても,難しい論文を広げようという元気が出ない」などはうつの予兆とみなせます。また,研究室の学生の中に土日と深夜にしか実験しない学生がいるとすると,かなりの確率でその学生はうつに罹患しています。

本人がうつであることを認めるところから

 最近,どうも元気がない,調子が悪そうだという人は,意外と皆さんのまわりにもいるでしょう。ただ,本人は,「花粉症のせい」「風邪をこじらせてしまった」など別の疾患のせいにして,うつであることを認めない場合がかなり多い。うつであることを自分が認めれば,たとえ,完治しなくても,うつである自分が他人からどう見えるかを知って,対策をすることにより,うつであることから生じる様々な社会的不都合を軽減できるはずだが,本人がうつを認めないので(新型うつ を除く),周りも相当に当該の人への不信感を生じます。一方で,大学教員は医者ではないので,一方的に,「お前の不調の原因はうつだ」と決めつけることも慎む必要があり,判断が難しいところだ。