J. of Taroten

宇井純講演会と今日の幸せすぎる社会 (C3面:研究者の生態,2002.7.19)

私がこの道の研究者になったわけ

 たろてんが,どうして19才の選択として,東大の都市工のしかも環境衛生工学コースに進学したのか,について。結局の決め手は,水俣病・第二水俣病の解明 に漁民・住民の側に立って活躍した宇井純氏の存在と当時の週刊誌に上水道におけるトリハロメタンの問題で警告を発しているのをたまたま本屋で立ち読みした中西準子さんに影響を受けたといってよい。中西先生に「私が都市工へ来たのは,先生が某写真週刊誌に登場した記事を読んだからなんですよ」と言ったら,先生は,「あんな,女の人の裸が隣のページに載っている雑誌なんだけど,担当の人はすごく真面目なんですよ」といっていた。こういう,正義感のかたまりのような人がいる学科であれば,自分の将来を見出せるのではないかと思った。

(2012.4.19追記)

 都市工の環境コースにはこういう理由で進学した人が少なからずいたはず。こうしたメッセージを出せる教員がいなくなったことが今日の同コースの志望状況の苦境の原因になっているのかも知れない。その後,都市工へ進学して以来の私自身は,そういうすがすがしい正義感とはわりと距離を置いた人生を進むことになる。その理由はいろいろあるが,大きな理由は,公害を貧しい人に押し付け,巨利をむさぼる大企業という構図がなくなって,巨悪が見つからず,むしろ,環境保護運動を担う側があまりにも不合理な要求をすることによって公共の福祉に反している事例が増加してきているように感じるからでもある。

宇井先生の講演会

 宇井先生の話をきく機会は実は都市工在籍中はなかった。これは,宇井さんの沖縄大学への転任と私の進学時期がちょうど重なっていたことによる。その後,確か私が博士課程の学生であった頃だと思うが,宇井さんが,教育テレビの人間大学かなんかで講義をするというので,学科の中の数人がテキストも買って講義をきいていたが,私自身は,時間が合わなかったか何かの都合で,宇井さんの講義はきいていない。ところが,今週の火曜日(2002/07/16)に宇井さんが東工大へ来て話をするというので,出かけた。この講演会の主催は「東工大公害問題研究会」。2年くらい前だったか,警察の介入を招く傷害事件を起こしたとして学内では少々警戒されている団体である。講演会の司会にこの研究会の学生が立っていたが,余りにも頼りないと言うか・・・日本の公安警察もこんな団体に関わっているようでは心もとない。もっと警戒すべき団体はいっぱいあるでしょう。

いまなら当然のことを宇井先生は話した

 宇井さんの講義自体は極めてまともなものであった。宇井さんの講義の中で,少々面白いと思ったのは,「大学の講義がつまらないのはどうしてか?それは,授業料を大学がまとめて徴収するからです。私がやった自主講座(注:東大で公害などに関する講義を正規の授業とは別に宇井さんが勝手にやっていた)では,お金を徴収しました。面白くなかったら返すと言う約束で。そうすると,授業の中身もチャンとやるようになるのです。私は,大学の授業料は先生が学生から直接集めれば良いと思います。そうしたら,もう少しましな授業をするでしょう。そして,よい講義とは何か?それは,その技術分野について歴史が話せると言う事です。歴史が話せると言うのは,教科書だけの知識ではできない。それこそが,良い講義だと思うのです。」

宇井さんの話をいま聞きたいと思う人は・・

 面白かったのは,講演の後の質疑。まず,目黒区在住の住民運動に没頭してそうなおじさんからの発言「茨城県(栃木県だったかな?)のxxでは,産業廃棄物の処分場の計画をしているが,全くけしからんことである。どう思うか」。これに対する宇井さんの発言は「廃棄物問題はいろいろ難しい面がある」という至極もっともなものだったが,もちろん,それではこのおじさんは納得しない。「水源地に作る非常識極まりない計画である」ことを強調していた。

 次に質問に立ったのは,東工大のOBである。「東工大には,原子炉研などがあって,研究者が正直な研究をできない雰囲気がある」という質問。確かに,原子炉研の人が原子力行政にものを言うのが難しいことは想像できる。しかし,私が聞くところによれば,原子炉研の研究者たちのフラストレーションは,政府や電力会社を気にして実験データーを曲げることにあるのではなく,むしろ,何を研究者が言っても,一般大衆が原子力を受け入れないことにあるらしい。つまり,研究者の意識としては,原子力が特別危ないものとは到底思えないにもかかわらず,実際には社会には受け入れられないことが問題だとしている。

原発アレルギーが更なる危険を生む

 一部で報告されているような被曝労働が許されて良いわけはないが,過去はどうであれ,現在はそれほどひどい被曝労働が行われているとも思えず,むしろ過度の原子力への恐怖感が原子力への適切な対処を誤らせている面があるだろう。そして,過度な原子力アレルギーの影響によって放射性廃棄物の処理処分が進まない状況となり,原子炉建屋内のプールに放射性廃棄物を保管するなどの危険行為が追認されてしまう面があるだろう。(注:本稿は,2011.3.11 前に書かれたもので,使用済燃料プールへの注水・冷却手段を喪失を予期している点が示唆的)

緊張感をもって仕事をするためには

 ということで,最後の質疑は別として,宇井さんの講義自体は,極めてまともな内容であり,今日であれば,ほぼすべての人が受け入れられる内容であったと思う。それが受け入れられなかった時代は一体何だったのだろう。世の中,平和になったというべきであろう。都市工の当時の歴史を背負っていた 松尾友矩先生 が退官のときにこんなことを言っていた。「我々が,緊張感を持って仕事ができたのは,宇井さんがいて 中西さん がいたからである。」下の人間が上の顔色を見て仕事をするようになってはいけないのかもしれない。下の人間は,上の人間に緊張感を与えなければならない。