J. of Taroten

Uraseさんに新人発見

(2017.1.31追記)下水道,Uraseで検索すると・・

 たろてんの名字は珍しいので,ときどき名前で検索をかけて,自分について何か扱われている記事がないか,調べていたりします。ただ,単純に名字で検索すると,新潟県の地名が多く検索されてしまうので,専門分野のキーワードを加えて検索するのが通例。「下水道」を加えて検索してみたところ,下水道展の日立のブースで活躍してるという「○○ゆき」というのが検索されてきました。「活性汚泥」とか,意味をわかってしゃべっているのか,少々心配になってしまうが,こういう人たちのことを Event MC というらしく,「○○ゆき」所属事務所資料によれば,TOEIC 895点だというから,たろてんより「少し」上。ちょっと,目が大き過ぎるのが難点だが,美人といえば美人です(検索画像を大幅に圧縮して右に掲載)。関係があるかどうかは不明だが,ほかに,日立プラントの社長かなんかで,○○賢治というのも検索されてきます。

この世に英語で論文を書けるUraseさんは3人の定説が破られた

 長年,「この世に英語で論文を書けるUraseさんは3人しかいない」というのが定説であった。学生にもデータベースの使い方の授業で「"Author Search"に"Urase"と入力してみてください。T. UraseとK. UraseとF. Uraseしかでてこないでしょう。Fは関西の病院のお医者さんで知らない人,Tが私,Kはうちの奥さん」と断言していたのですが,最近,「先生とは思えないT. Uraseさんがいる」という情報が学生から寄せられました。「そんなことはないだろう」と放置していたのですが,各方面からT. Uraseさんがもう一人いるので確認してほしいとの声が無視できなくなってきました。

名は「ともえ」です

 ということで,姓がUraseさんで英語論文の著者となっている人がもうひとり発見されました。名は「ともえ」です。Shun-ichi Wada, Tomoe Urase, Yuka Hasegawa, Kenta Ban, Aya Sudani, Yui Kawai, Junsuke Hayashi, Hidehito Urata (2014): Aib-containing peptide analogs: Cellular uptake and utilization in oligonucleotide delivery, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Volume 22, Issue 24, Pages 6776-6780. だから,どうというのではないです。大阪薬科大学所属のようです。

日本語で本をかけるUraseさんを検索すると・・

 ちなみに,日本語で本をかけるUraseさんを検索すると,『新・東海道 水の旅』『公害防止管理者「水質関係」完全合格教本』『明解 水質環境学』の著者であるたろてん以外に「○○しおじ」さんというのが,ヒットします。この人,全く知らない他人ですが,アマゾンで作品の表紙を見た感じからはエロマンガ作家のようです。