J. of Taroten

水情報ついに廃刊 (C2面:環境衛生工学,2004.3.3)

水情報の果たした役割

 水情報の廃刊のニュースは,残念だが,発行している方の負担を考えると,やむを得ないところである。ひとつの時代が終わったのだと思う。官僚,産業界,学会が鉄のトライアングルをくんで,環境面や財政面から見て「?」な下水道計画を進め,それを異端の学者が身銭を切って告発していく,というすがすがしい正義感は,もはや必要でなくなってきたということだ。編集が,中西準子 先生から新潟大学の高橋敬雄先生に移ったあたりで,中西先生自身は,廃刊を考えていただろうし,だんだん時代が,巨悪とそれに対する告発という形で解釈できなくなってきたともいえる。

残った悪も時間が解決か

 いまもおかしな計画はたくさんあるが,世の中におかしなことはたくさんあるのであって,突出して,下水道がおかしいわけではなくなったともいえるだろう。国土交通省所管の事業として,下水道行政も,道路行政も,河川行政も,だいたい正しいところがどのへんにあるかもわかってきたし,すべて,世代が変ろうとしていて,それこそ,成田空港問題なんかも含めて,「この問題で汗をかいてきた」ひとが第一線を退けば,何となく,解決していきそうである。

今の時代,これからの時代

 むかしは,自然保護や環境保全といえば,左翼運動的な部分があったと思うが,いまはそうではなくなってきた。貧乏人が不当に搾取されている(公害の犠牲者になっている),というのであれば,正義感が沸くが,むしろ,識者の意見としては,環境基準のようなものが足かせになって,合理的な社会基盤設計ができなかったり,無駄な投資が必要となっている弊害が指摘される。広範な市民の参加がなくなった運動は,極端へ振れやすく,自壊してしまう

個人の幸せ,あるいは,家族の幸せ以外の価値観

 水情報の廃刊は,一時代の終わりを感じさせるが,それこそ,中西先生の若いころを考えると,ものすごい困難はあっただろうし,中西先生の優秀さに負うところはおおきかったにしても,若手の研究者の自己実現の場として,こういう水情報のようなもので社会正義を問う場がありえた。では,今の若手の研究者はどうなのだろうか?中西先生の若いころには比べるべくもないが,個人の幸せ,あるいは,家族の幸せ以外の社会性のある価値観を常に自分の中に持っていたい。そういうものを持っている人は輝いて見える