J. of Taroten

JST-CREST水の循環系モデリングと利用システム (C3面:研究者の生態,2007.7.3)

太栄館にはじめて泊まりました

 私は,上述の「JST-CREST水の循環系モデリングと利用システム」に関しては,一銭ももらってませんが,古米先生がやってるプロジェクトも最後年度だということで「合宿」なるものに行ってきました。太栄館というのは,東大の本郷キャンパスの正門前から少し行った所にあるのだが,時代に取り残された旅館という感じで,それは,それで,まあ,良さもありました。最近は,修学旅行も,ホテルのツインだったりというから,修学旅行くらいは昔のスタイルの旅館に泊まってもらいたいものです。

微量物質のモニタリングは良いのではないでしょうか

 合宿の目的は,水のラベリングに良い知恵を出すということだったのだが,これは,なかなか難しいという印象でした。利水目的ごとに基準値を決める方法(現行の諸基準)に比べて,このラベリングによって,学術的に見落とされていたリスクが明らかになるとか,一般の人に説明する際の合意形成に使えるようになるとか,そういう部分が出てくると良いのでしょうが,結局のところ,水質の議論は,水質の専門家と一般人の間の壁はまだまだ高く,基準値の超過だけがマスコミねたになる現状から言って,水のラベリングを下水の再利用推進などの目的で用いることには,かなりの飛躍的展開が必要であるように感じた。一方で,微量物質のモニタリングとか,指標間相関とか,全国の河川で調査したとか,土壌浸透でこのように水質特性が変化するとか,そういう個々のパーツは,なかなか 普通の科研費 ではできない量のデータが蓄積されたのではないかと感じた。

全体では海外調査系テーマが多い

 この「JST-CREST水の循環系モデリングと利用システム」,環境衛生工学の分野としては,この古米先生のものと北大の船水先生代表のバイオトイレ(し尿と雑排水を分離した衛生システム)に関するものがある。水洗トイレを手にした我々がバイオトイレを取り入れることは,現状では有り得ないが,世の中,将来,何が起こるのか予想できないのと,場所と状況を選べば,バイオトイレが適用可能な場所はありそうで,技術開発しておくことは良いのではないでしょうか。「水洗トイレを手にした我々が」という書き出しで,ふと思い出したのは,「ディスポーザーを手にしたら・・」という話。が,ディスポーザーは,このJST-CRESTでは対象外。

 他に,環境衛生工学分野の人が代表のものとしては,楠田先生の中国の黄河ものがあるが,これは,このプロジェクトで極めて多い「海外もの」に括られる。他の海外ものとしては,モンゴル,インドネシア,タイベトナム,カンボジアなどが,調査対象国で,各国の大河川の流域の水文量の計測だったり,物質循環だったり,エネルギーフラックスだったりを計測している。神田先生の都市の熱計測などもあるが,これは,古米先生のものと同じく海外色は薄い。この「JST-CREST水の循環系モデリングと利用システム」全体で扱われている分野は,水文,農学(農業工学を含む),センシング,気象,都市工学などで,一部同位体測定などのきわもの系の水質研究もある(医薬品もたいがい,きわものだが・・)。国際ワークショップをやったり,いろいろ大変なのは,COEとも同じ。もともと協力して何かをやるのが得意とはいえない大学の先生だが,大学と国の研究機関の適切な役割分担も重要であるように感じた。

 要らぬ,おせっかいコメントで,このプロジェクトに従事されている方,どうもすみません。