J. of Taroten

書評-水と緑の交響詩-環境工学者・丹保憲仁 (C6面:書評, 2007.2.5)

高崎哲郎著,水と緑の交響詩-環境工学者・丹保憲仁,鹿島出版会,2006, 2200円

 ご存知,戦後環境衛生工学のわが国での創始者ともいってよい丹保憲仁の伝記。まだ,生きているのに伝記と言うのも少々変だが,「水と緑の交響詩」という表題もなかなか突飛。

今年は,北大衛生工学科設立50周年だそうで・・

 で,本の中身は,丹保が北海道稚内の近くの豊富に生まれて,北海道大学へ進学し,1957年に北大に衛生工学科が設立され,北大総長,土木学会会長,IWA会長などへ駆け上がっていく中での様々なエピソードが盛り込まれている。大学紛争というのも私は直接には経験していないが,何がおこっていたか,知っておいた方が良いことだし,1950年から70年頃の衛生工学が体系化される時代を読み解くことが本書では可能である。

衛生工学の分野にいるものは読んでおいた方が良い

 ある分野の講義を行うことができるということは,その分野の今の技術を知っているということだけではできない。今の技術は,古ぼけた講義ノートより,最新の書籍やインターネットなりで勉強できるものだからである。重要なのは,その分野の歴史を語ることができるということ だ。そういう意味で,同じ分野の歴史を学ぶことは重要であり,とりあえず,丹保のたどった道を考えるとき,環境衛生工学を教授するものは,一度本書を読んでおいた方が良いのと感じた。