J. of Taroten

マレーシアへ行ってきました (C1面:旅行・出張/C3面:研究者の生態, 2001.3.19-21)

マレーシア工科大学訪問

 2001年3月19日〜31日までマレーシア、南アフリカへ行ってきた。南アフリカについてはこちら へ移動しました。
 マレーシア工科大学(UTM)は、シンガポールの国境に近いジョホールバールにあり、クアラルンプールから行くよりもシンガポール経由の方が近いのでシンガポールから入った。シンガポールは、確かにゴミが町に落ちていないし、計画的な高層建築の町並みと混雑時の料金の自動収集システムのある道路がなんともシンガポールなのだなあと感じさせるが、一方で、臭いは、やっぱりバンコクやマニラと同じこの地域の独特の匂いがする。食べ物の匂いなのか、下水の腐敗臭なのか、それは良くわからない。

シンガポールからマレーシアへ

 シンガポールからマレーシアへは陸路で国境をバスで超えた。まず、シンガポール側のWOODLAND CHECKPOINTで出国手続きをする。一旦バスを降りてパスポートコントロールを抜けるとまたバスが待っていて、橋を渡りきるとマレーシアで今度は入国手続きをを行う。税関もあってないようなものだが、当方は、UTMの先生の研究のために日本で調達した大きい膜の供試品を持っていったので、呼びとめられた。事情を説明し,税関を通過し、UTMまでS$15という約束で、白タクに乗った。帰路は、大学お抱えの車で送迎してもらったが、バスの場合と違って、この場合は、車に乗ったままで国境を通過できた。

UTMを見学

 今回の訪問先はInstitute of Environmental & Water Resource Management, Faculty of Civil Engineeringの助教授Zaini Ujang助教授(以下Zainiと呼ぶ)である。ここは、工科大学なので、Dept. of Civil Eng.ではなくてFaculty of Civil Eng.となるそうである。Zainiの所属であるInstitute of Environmental & Water Resource Managementは、土木と化学の境界領域で、学部生は持たない大学院組織である。ただ、Zaini自体は、土木工学部で授業を行う、ということで、日本にもありがちな大学院組織という理解で良いように思う。Zainiは活発に研究を行っており、フィリピン大学やチュラロンコン大学(バンコク)を訪れたときとはかなり様子が違った。また、デンマークあたりからも博士の学生がZainiのところへ来ており、途上国から先進国へというのを通常の学生の流れだとすると、もはやマレーシアは途上国ではないのかもしれない。

先進国に最も近いイスラム圏

 マレーシアの下水道はIWKが管理するものだけで、下水道接続人口が830万人、浄化槽使用人口が410万人とされている。その他の組織の運営する下水道、浄化槽も含めると下水道普及率は70%を超えている計算かも知れない。わが国においては、国土交通省の管理するものが60%であって、農林水産省の管理するものを合わせて70%ほどだろうから、それほどの遜色ない(日本は、あと浄化槽人口を上積みする必要がある,あとこの記事の執筆当時の状況)。

研究はぜいたく品

 マレーシアの大学の先生にとって、研究は、お金を取ってきてはじめて開始できる贅沢なものである。基盤となる経常的なお金の配分はない。私の訪問さえも、Zainiにとっては自分が国際的に活躍していると学内に宣伝するチャンスとして活用されていた。学内の見学では、アインシュタイン研究所という基礎物理の研究所なども見せてもらった。UTMは、基礎科学にも力を入れているということである。世界で4位に入る大きさ模型水路もあった。

修士の学生も給料をもらって研究をする

 マレーシア工科大学の場合、博士や修士の学位を研究を中心に取得するか授業を中心に取得するか選択することができ、研究を中心に修士を取る場合には、指導教官がどこかからの財源をもとに奨学金を工面している。「お金を集められない先生は学生を持てない」のだそうだ。今回お世話になったZaini助教授によれば、書いた申請書のうち、成功する確率は20%とのことである。また、Zaini助教授自身の給料は全額学校持ちだが、秘書の給料、前述の修士や博士の奨学金と研究費は、このようにして取ってこなければならないとのことである。

SQUATERS(不法占拠者)について

 翌日は、当方と先方から一人の二人が特別講義を行った。こちらは、膜分離技術の話しで、先方は、ジョホールバールの河川敷などに住む不法占拠者が水質汚染の原因になっているかという話題であった。当方の提供した話題をここで書いても仕方がないので、先方の話題をここに書く。河川敷などに住む不法占拠者は、マニラでもバンコクでも問題であるが、ジョホールバールに限ると、不法占拠者といってもかなりお金のある人のように見え、マニラやバンコクとはかなり状況が違うように思った。これは政治的な問題で、選挙のたびに不法占拠者は、水道を手に入れ、電気を手に入れるのだという。不法占拠者は、河川敷に不法に住みついているが、そこには、電気と水道は整備され、彼らは車を持って、シンガポールに昼間は働きに行ってそれなりの給料をもらってくる。下水やゴミの収集のサービスはないので、ごみや下水は河川に捨てるが、時々大雨が降るので、ゴミがそこに残ることはないのだという。

Zainiの生活

 Zainiは、大学から車で10分ほどの所に住んでいる。8才, 7才, 2才の子供と奥さんと暮らしている。奥さんは、お医者さんらしい。Zainiは、学位はイギリスで取って、そのあと、31才で助教授になっている。2才の子供は、奥さんが保育園に連れていっているらしいが、8才の子供と7才の子供の面倒は、出張がなければ彼が見ている。昼休みに、Zainiは車で子供を小学校へ迎えに行き、昼食をとったあと、家で子供を着替えさせ、そして大学キャンパスの中の学童保育所に子供を連れていって、自分はそれから午後の仕事をする。だいたい仕事は、午後の5時くらいまで。朝は、7時くらいから働くらしいが、夕方は、あまり遅くまでは働かないのだそうだ。これは、タイのAITへ行ったときも感じたけれど、日本は、朝が遅く、夜も遅い。サマータイムが地球温暖化対策の一環として検討されているが、それよりも全体としてもう少し朝型へ生活を持っていくだけでもエネルギーの節約にずいぶん効果がある。また、明石のような国土の西よりに標準時を持っているのは、地球温暖化対策としても好ましくない。サマータイムのかわりに標準時をもう少し東へ持ってきたらどうか。

その後の行政官に転身したUjang

マレーシアでの新人講師の採用

 UTMの土木工学部の教授:助教授:講師(常勤)の人数比率は、1 : 3 : 5 程度である。わが国の大学院重点化した国立大学では,教授:助教授:助手の比率が 1 : 1 : 1 くらいであることを考えると、まだまだ下のクラスの人数が多いといえ、若い組織を維持している。若い組織が維持できている理由はもうひとつあって、クアラルンプールからジョホールバールへUTMが移転したときに年寄りの教官が移転を嫌って退職したという事情もある。たまたま、私のお邪魔したときにZainiと別の先生が人事の件で根回ししていた。その別の先生の専門は重金属の魚類への影響で、鹿児島大に長い間いたということで、私に話すときは日本語、Zainiと話すときはマレーシア語、Zainiが事情を私に解説するときは英語と3人で3種類の言葉でコミュニケーションされる不思議な世界だった。

じゃあ,顔のよい方から採用だ

 真相は、マレーシア語の中にあったが、時々英語で解説してくれたことから全体を想像するに、講師のポジション2名を公募したところ、15名が応募してきたが、15名が全員女性であった。また、先の修士の区分で言うと研究を中心としたカテゴリーの修士の学位を持っている人を採用したいが、そういう人がいない。授業を中心とした修士課程卒業の人では、採用しても博士をとれる見込みがないから採りたくない、と、そういう話しだったように思う。「じゃあ、仕方がないから顔の良い方から、2人採るか」と言っていたが、イスラム圏でもこういう冗談は許されるのだと妙に感心した。UTMは、工科系ということでそうでもないが、全体的に見れば、女性の方が大学への進学率が高いらしい。教育学部へ行くと、90%は女性とのことである。