J. of Taroten

年末年始テレビ番組評 (C5面: 近況, 初稿2018.1.10,最終改訂2018.1.30)

生態学の期末試験問題を以下の年末年始テレビ番組から出題してみた(2018.1.30)

問4 TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」年末全話一挙放送を見て,新垣結衣をかわいいと感じる人とそうでもないと感じる人がいる。こうした人の感じ方は,文化や教育など後天的な背景で決まると考えがちだが,遺伝的な背景が影響している可能性がある。ある生物のある形質(動物の行動様式を含む)が,環境で(後天的に)決まっているのか,遺伝で(先天的に)決まっているのかを調べる方法を述べなさい。ただし,本問では分子生物学的な方法を用いないこととする。

[解説] ある形質(の表現型)を多数の親子で統計的に比較し,親の持つ形質とその子の持つ形質との間で相関が高ければ遺伝で決まっており,相関が低ければ環境で決まっている。同じ遺伝的集団を異なる場所で飼育,あるいは,異なる遺伝的集団を同じ環境で飼育し,形質を統計的に比べることもできる。新垣について述べても高得点にはならないが,そういう答案は多かった。たとえば,「吉岡里帆や石原さとみの方がかわいいと思います」といった答案で,訊いていることに答えていないし,さらに,答えも間違っている。

問5 テレビ東京「池の水をぜんぶ抜く--今年も出た出たお正月3時間スペシャル」は,外来種の駆除をする番組である。生物学者の中には,「外来種を駆除することは,『日本人とアメリカ人の交雑が進めば,日本固有の種が絶滅してしまう』と国際結婚を禁止し鎖国する考えと同じ」と この番組を否定的に感じる人もいる。こうした外来種の駆除に反対する人に,外来種の駆除の意義をあなたの言葉で説明しなさい。

[解説] 種はいったん集団から失われると,復活できない(そこは,日本人とアメリカ人というような 種以下のレベルでの議論との違いである)。外来種の侵入によって在来種が失われることがあれば,水,食料,医薬品などの供給に有用な生物が失われたり,他の生物にとっての生息環境の維持ができなくなったり,文化・レクリエーション機能を喪失することが考えられる。

紅白歌合戦はLIFE!

 年末年始にテレビを見るのは頭が悪くなる習慣ではありますが,せっかくなので,少しコメント。紅白歌合戦は,総合司会が内村光良で,LIFE(本ウェブサイトでは,「地下に空洞を作ればご予算内で作れます」で登場)のつくりでした。TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の12月30日−31日の全話一挙放送も見てしまいました。新垣結衣が主演で,相手役が,星野源 というところが,ある意味,LIFE。確かに,役の中の新垣と暮らすのは楽しそうだ。たろてん家も家事代行を頼んでいたころもあったが,子育てがほぼ終わり,そうじもルンバに頼むので,いま家事代行として新垣が必要ということでもない。さらに,我が家では,ルンバに続いて 食洗機の導入 への根回しが進んでいる。

「池の水をぜんぶ抜く」は考えさせられます

 テレビ東京の「池の水をぜんぶ抜く--今年も出た出たお正月3時間スペシャル」は,生態学 の立場から考えさせられる内容でした。番組の内容は,地域住民の要請を受けて,番組が業者に依頼して池の水をぜんぶ抜いて,池にいる生物を外来種と在来種に分けて,在来種は池に戻し,外来種は処分するというもので,特定外来生物の排除を目指す環境省からも応援を受けている。これまでのシリーズでいうと,「亀であれば,イシガメはよい種で,アカミミガメやカミツキガメは悪い種」「魚であれば,メダカはよい種で,ブルーギルやオオクチバスは悪い種」というような展開になる回が多いようだ。地域の子供が池でのロケに参加して,亀や魚の捕獲を手伝うのもよい体験学習となっている。

しかし「よい種,悪い種」と二分して大丈夫か

 アカミミガメは,ペットショップで売られていたものが,誰かに飼われて,飼いきれなくなって近くの池へ放流される,ということで拡散しているのだろうから,特定外来生物の販売をおこなう業者を規制していくことが必要だ。ブルーギルやオオクチバスの拡散についても,バス釣りをする人や,そうした人に道具や宿を提供する人たちによる密放流が拡散の原因だろうから,これも,釣り人,釣り具屋,旅館業を規制していくことが必要だ。しかし,「これはよい種」「これは悪い種」と二分法で決めつけて,駆除をすることへ疑問 をもつ識者もいるようです。拙著「新 東海道水の旅」でも,外来種の意図的な拡散をする人たちは悪人ではあるが,駆除については考えるべきことがあると書きました。

数日間で査読5本

 年始の数日間に Water Science and Technologyの査読依頼 が4本もあった。欧米人は,クリスマスから年末に休暇をとり,年始は働くという人が多そうで,年末に貯めこんだ投稿論文を処理しようとしているようです。たろてんが査読をほとんど断らず,それでいてEditorの期待通りの基準でreject判定をしてくれる便利な人というのをわかってEditorが査読依頼して来るようです。オマケで下水道協会誌(和文)も1本査読依頼が来ました。