J. of Taroten

山陰旅行・水環境学会シンポジウム(島根)(C1面:旅行・出張 2018.9.2-5)

出張扱いにせず

 いつものように特殊な経路で行ってきたので,出張にはせず,休暇旅行として,行ってきました。京都まで新幹線で,京都から山陰線を松江まで制覇しました。まずは,京都から4駅先の花園で途中下車,ちょっと所用を済ませました。また,2駅乗って,嵯峨嵐山で下車。嵐山観光の外国人でにぎわっていました。トロッコ嵐山の乗車口も結構立派で驚きました。そして,亀岡盆地を超えて園部で途中下車。駅前に喫茶店すらないにもかかわらず,大学・大学校が3校もある。大学ビジネスも大変です。そして,福知山で乗り換えて,城崎温泉下車。外湯めぐりが基本の温泉地であるらしく,それはそれで楽しいが,宿は閑散だった。自転車レースが開催されていたようで,その関連のお客さんが温泉街では目立ちました。

山陰線はローカル線へ転落

 たろてんが京都に過ごしたころの山陰線は,嵐山嵯峨などへの京都市内輸送の役割は貧弱だったけど,代わりに山陰の都市をつなぐ役割が健在で,長い編成の特急,急行,普通(京都発出雲行きの長距離鈍行など)が走っていました。ところが,鳥取-関西間の移動が智頭急行線経由へ移行すると,城崎温泉ー鳥取間は完全にローカル線へ転落,たろてんが高校生のころまで4往復(東京発着2往復,大阪発着1往復,京都発着1往復)あった 山陰線の夜行 も,伯備線経由に変更された1往復を除いて,すべて廃止されました。

香住ー浜坂間の行き違い施設は全撤去

 途中の香住や浜坂の,かつては特急が停車した長いホームには1〜2両編成のジーゼルカーがさみしく止まっています。香住ー浜坂間には鉄道ファンにとって絶景の余部鉄橋(写真出典:香住観光協会)があります。1986年にこの鉄橋から強風により列車が40m下の民地へ転落する死傷事故があり,2010年に同じ場所で防風対策を施した橋梁に架け替えられました。その余部駅で若者カップルが数組下車したのはちょっとうれしかったが,この普通列車で25分ほどもかかる香住ー浜坂間の駅の配線はすべて棒線化(行き違い設備が撤去)されており,山陽線が豪雨で寸断されても山陰線で貨物輸送ができないのも当然です。夢千代日記で有名な湯村温泉も車でのアクセスが普通になり,鉄道で行く場合も浜坂が最寄ではなく,八鹿で山陰線を下車しバスへ乗り継いだほうが行きやすいようです。沿線に立てられた「複線電化促進」の立て看板がむなしく朽ち果てています。

鳥取ー伯耆大山間は1線スルー大改良区間

 一方,鳥取-米子(伯耆大山)間は,もとから直線が多いことに加えて,駅構内の行き違い施設を改良し,進入出発側とも通過列車が直線側をスルーする 1線スルー線形改良 がされたため,特急の運転速度がきわめて高く快適な区間です。鳥取県が主導して県内各在来線(山陰,因美,境)の改良にお金を出しました。県のウェブサイトによれば,地上工事費47.5億円のうち,県が14.9億円,市町村が7.5億円,募金12.4億円,JR12.7億円という感じで負担したようです。むしろ伯耆大山駅以西の伯備線と合流してからの一部複線区間の方が速度が出ない様子で,電化したときに高速化改良もしてほしかったものです。鳥取も米子も松江も貨物施設が大幅に縮小もしくは廃止されていました。

水環境学会シンポジウム

 で,肝心の水環境学会のシンポジウムであるが,谷津干潟は赤潮,青潮,アオサが腐ってメロン色,と目まぐるしく色が変わるとか,RO膜面にはHydrogenophaga属(Comamonadaceae科で,Pseudomonas属から分家した?)という水素を利用する独立栄養細菌が多くいるとか,pseudo 水の天使 さんが有識者として AKB とIWA東京会議のサイドイベントで対談するための衣装合わせをしたとか(懇親会でpseudo水の天使のとなりにいた 西川先生とはたろてんも以前に耐性菌の話題で対談しました),・・。台風で開催があやぶまれた学会でしたが,開催できてよかったです。

環境DNAを使えば面会室のアクリル板を蹴破って逃げている犯人も見つかる

 水を1リットルほど汲んで,そのメタDNAシーケンスをすれば,そこにいる生物種がわかるというのが,環境DNA研究。でも,淡水域の調査なのに,絶対そこにはいないであろうサバが検出されたり,とおかしなこともあるらしい。どうも,サバDNAは付近の廃水からの流入で,人間活動由来のサバが検出されているのではないかという。人が食ったサバが検出されるくらい高感度であるなら,下水処理場で分析すれば,逃走中の凶暴犯がどこの処理区にいるかくらいは,すぐわかるのかも。指紋採取に加えてDNA採取も(しかもデータベースに記録)というのは,けっこうな人権侵害だけど,捜査には有効そうだ。で,裸のDNAは24時間で1/10程度まで分解されてしまうとか,環境DNAをステリベックスというフィルターで捕捉するとか,そんなことだった。