J. of Taroten

疑問形の出だしではじまる論文や講義 (C3面:研究者の生態,2021.10.05)

「最近○○の重要性が高まっている」というような書き出し

 論文の書き出しのスタイルは,いろいろだと思うのが,よくあるのが,「最近○○の重要性が高まっている」といった感じの書き出しである。英語だと,"Recently, concerns about ○○ are growing due to the increasing occurrence of △△"とか,"○○ are considered to be the major ▼▼ of ■■"とかいったはじまり方の論文が実に多い。時代遅れの研究はよくないので,Recentlyで論文がはじまってよいとは思うし,minorなものよりmajorなものを研究するのがいいとは思うが,どこか,「研究のための研究」感のある出だしと感じます。

先週は「これ」をやったので今週は「これ」

 授業にも同じ問題がある。前回の授業を「これをやったよね」と思い出させ,今週の要点は「これです」と,そして,各論を話して,まとめは「これ」,のような授業が推奨されてはいるが,本当にこういう授業がいいのだろうか。周辺知識とのリンクが知識の定着だとは思うので,前回の授業とのリンクをはるのが,間違いだとも思わないし,そして,「要点はこれだ」と重要点を話すのもいいとは思うが,要点をまとめることができるということは,要点でないことも話したということでもある。どこが要点でどこが要点でないのかは,実際のところは恣意的なものだ。

疑問形で書きはじめてみる

 ということで,疑問形で話しはじめる,疑問形で書きはじめる,という試みがいいのではないかと思い,限定的ではあるが,最近,はじめてみた(といってもすべての論文や授業で実施している試みではありません)。たとえば,「生物の要件として自己維持性と自己複製性と・・」といった話ではじめるのではなく,同じことを教えるとしても,「ウイルスは果たして生物なのだろうか」と疑問形で授業をはじめてみるスタイルを指しています。整頓された知識ではなく,「この授業(この論文)で解決する問題はこれなんですよ」と宣言してしまう話し方/書き方で,このような出だしにすると,そのあとに続く授業の展開もまったく異なったものになります。論文も「最近の大雨の原因は,地球温暖化 にあるのだろうか」とやはり疑問形で書き始めることが可能です。

環境分野にありがちな「やってみたら意外なことがわかった」とは相容れない

 この疑問形ではじめるスタイルは,都市工的なスタンス,つまり,「やってみて,修正して,・・」とは相容れないです。もちろん,「やってみたら意外なことがわかった」というのが,環境問題では多いとは思うのですが,「やってみたら意外なことがわかった」を論文にすると,「最近○○の重要性が高まっている」から「やってみた」と出だしが書けそうです。これだけ情報があふれた時代では,こうしたスタイルの論文(授業)では,埋没してしまいます。誰にどういう意図で引用してもらえる論文なのかが明確でないと,雑誌の編集者/査読者 としても掲載する気にならないです。「最初に疑問を呈してみる」の有効性の検証を後日お知らせしたいと思います。続報がなければ,早々に「これは効果がないのでやめた」と了解いただいて大丈夫です。