J. of Taroten

近況(耐性菌動画撮影,街歩き明治神宮,渋谷,表参道)

 

(2016.12.22追加)

「都市河川・湖沼の抗生物質汚染の拡大と耐性菌の出現」J:COM東京多摩地区12月7日(土)22:30放映。
 動画のコピーを 中央大学のウェブサイト「知の回廊」http://www.chuo-u.ac.jp/usr/kairou/ からご覧いただけます。たろてんの登場箇所は,10分過ぎのところです。

関連記事 → JSTサイエンスニュースに出演しました

自分の声や話し方

 自分の声や話し方を確認できるのが,インタビュー撮影を試写したとき。最近,抗生物質耐性菌について,中央大学の西川可穂子先生が企画の耐性菌番組があって,対談という形の撮影をして,その確認依頼が来て,自分の語りを確認しました。「まあ」とか「たとえば」とか「とか」とか,曖昧表現が多数あって,無意味に視聴者をイライラさせるなあ,とは感じました。あと,耐性菌問題や環境中医薬品問題というマジメな話の割にニコニコとにやけているのが多少不謹慎であることに視聴者目線では気づきます。美女対談だとにやけるのはいつものことです。

八王子市環境審議会で顔を合わせる

 以上に加えて,この西川先生とは,八王子市環境審議会という場で顔を合わすことになりました。生態学としてはビッグネームの鷲谷いずみさんも中央大学に移られ,八王子の方のキャンパスにいるのかはよくわからないが,この環境審議会の委員です(今年度,初回は欠席でした)。こういうローカルな環境審議会も,悪臭問題とか,地方公務員の意識とか,環境問題好きの一般市民の目線とか,市長の執務室とか,いろいろ勉強になります。

意図せずしてブラ散歩(千駄ヶ谷→明治神宮→渋谷→新宿,8kmくらい?)

 先日,意図せずして,街歩きが生じてしまいました。千駄ヶ谷から明治神宮へ,北参道から境内へ。明治神宮は東京に住むようになってはじめての訪問です。たしかに,この明治神宮の境内の森は植生の遷移なども観察できる都心の貴重な自然が残されているように感じました。参拝者には外国人が多く,You can buy a tablet(絵馬のこと) there. とかあちこちで言ってるし,その絵馬を見ても,書き出しが,"Dear god,"だったりして,godとGodが区別されているのかも。日本の神社のなかでも明治神宮は,圧倒的な集金力を誇ります。復古主義的な政治運動には関心がありませんが,神社やそれに関連した文化自体は外国にも誇れるもので,大事にしておきたいものです。

NHK放送会館から渋谷へ

 明治神宮を出て代々木公園には入らず,国立代々木競技場からNHKの放送会館へ。昔は見学コースへの入場が無料だったと思うのだが,200円かかりました。受信料を支払っている方:100円,支払っていない方:300円とかにしてほしいものです。過去の番組がジャンル別や出演者別の検索機能付きで自由にみられるので,昔の映像を見たい方には,楽しそうです。コース最後の売店で,NHKスペシャルのDVDなどを売ってくれれば買うのですが,そういうサービスは無し。売店で売っているのは,子ども向けDVDと,どーも君のぬいぐるみとNHKお天気お姉さんカレンダーのみです。

 (2016.12.27追加) 最近の注目番組「ねほりんぱほりん」(Eテレ,水曜23:00-)。人形劇スタイルで,現代の興味をそそられる人々(薬物中毒者,ハイスぺ婚希望者,保育士,占い師,・・)などに本音インタビュー。テーマ音楽が「ヤン坊,マー坊天気予報」のぱくりなのも23:00の脱力時間にふさわしい。

東急文化村から駒場方面へ

 NHKを出て,東急ハンズへ坂を下り,東急文化村の南側に駒場方面へみたことのない道路があり,こんな道,たろてんが大学生の頃はなかったよなあ,とその道をたどり,高架橋が見えたので,首都高3号線まで来たね,と思ったら,山手通り。こんどこそ,国道246号線へ出て渋谷方面へ。道玄坂を旧旭屋書店まで下り,スクランブル交差点に13:40。ここで,待ち合わせの新宿15:00に間に合わせるべく,明治通りを北上開始。

渋谷から新宿は歩いても40分ほどの距離だった

 渋谷からは,街が途絶えることなく,ほどなく表参道。この原宿-表参道エリアは,人通りが多いです。道路の拡幅作業がおこなわれており,歩道が無意味に広いところが断続しています。拡幅の際には,カーブのところはカーブ内側に拡幅して,曲線半径を緩和するように用地を買収するようです。そして,新宿の新南口到着。新宿まで渋谷から早歩きで40分しかかかっていない。余った時間で新宿新南口のバスタ新宿を見学した。新宿のバスといえば,富士五湖中央道方面,空港行(成田,羽田)が主要路線だろうが,それ以外に,東名道方面,上信越道方面,あと,ツアーバスっぽい聞いたことのない会社のバスなど,いろいろなバスが発着していました。