J. of Taroten

大島を歩き,航空機事故に関する謀略説を考える (C5面:近況, 2005.7.9)

遅まきながら5月の連休で大島へいってきた話を・・・

 伊豆大島へ5月の連休に家族で行ってきました。今回は,歩いた歩いた。下図の黒ポッチが歩いた経路だが,3日間で,30kmくらい歩いたかな。以前 ここで書いた大島動物園のゾウガメ も2日にわたって見てきました。ゾウガメはいつ見てもいい。何を考えて生きているんだろう。多分,何も考えていないのだとは思うのだが,はやり言葉で言えば,スローライフです。一部地図では林道となっているところが,その後放棄されて自然に帰ろうとしているところも歩いた。人が手入れしないと,また自然に戻っていくんだと妙に感心した。

→ 大島ロゲイニング大会(2013/2014/2015/2016), (2017)の模様はこちら
→ 大島オリエンテーリング大会(2018, 2022)の模様はこちら

航空機事故には,つきものの謀略説

 今回歩いた三原山の東側に「もくせい号」墜落の碑があった。花が供えられていた。このもくせい号,日本の航空機事故史 では有名であるが,もくせい号の墜落の原因が米軍の演習にあって,米軍のパイロットがおもしろがって民間機を標的にして撃墜し,それを暴こうとした人が次々にひどい目にあうというストリーの小説が出て,謀略説が俄かに注目された。そんなこと,あり得ないと言う人もいるかもしれないが,結構ありえないことは起こるものなので,案外真実かもしれない。

 サハリンで起きた大韓航空機撃墜事件の際にも,謀略説がある。その説では,ソ連の領空を大韓航空機が意図的に審判し,ソ連の防空能力やレーダー探知能力などをアメリカが調べたとされる。と言うのも,大韓航空のパイロットはほとんどが軍人上がりであり,さらに過去に大韓航空にはソ連に対してスパイ飛行をした前科があったということが根拠になっている。

ダッチロールという流行語もあった

 今年は,JAL123便機墜落事件から20周年になるが,この際にも,謀略説が浮上している。自衛隊の演習で無人の探査飛行機が日航機の尾翼に衝突し日航機が操縦不能になったというもの。NHKまでが墜落場所を特定させないように「御巣鷹山ではなくぶどう峠に墜落した」と,繰り返しミスリーディングして,その時間稼ぎの間に現場にマスコミより先に着いた自衛隊によって証拠隠滅が行われたとされる。しかし,墜落した日航機には,尻餅事故の修理ミスがあったとされることやこの事件では生存者がいたことから,客観的には自衛隊謀略説には限界があるように思う。ただ,20年前の日本では,まだまだ,謀略があった場合に隠し通せる素地があったと思う。今日,いろいろ談合が表に出てくるのは,もはやいろいろなことが隠しにくくなったと言うことだと考えた方が良い。いま,同じような飛行機墜落事故があり,謀略を利かそうとしても無理ではないかと考えられる。世の中進歩しているんですよ,結構。

ダッチロール:生き残った乗客の中にJALのスチュワーデスが含まれており,その証言の中に「ダッチロール状態となり・・・」というのからこの年の流行語となった。なお,このスチュワーデス「ケガが治ったら,もう一度飛行機に乗りたい」といって世の中を感動させた。