J. of Taroten

そろそろ問われるマスコミの新型コロナ報道姿勢 (C5面:近況,2021.7.16)

2020年死亡数は前年より減少

 人口構成の老齢化に伴い,ここ40年ほど一貫して毎年1万人ずつ増加をしてきた日本における年間死亡数。2020年の死亡数は,久々に減少に転じ,その結果,8000人ほど減少し,137万人ほどとなった。マスク生活で大幅に感染症が減ったためか,抗生物質の売り上げも減少した。2020年に死んだ137万人には,新型コロナウイルスでの死亡3500人ほどが含まれているが,逆に言えば,死亡した人の99.7%はガンや心疾患,老衰など他の原因で死亡したことになる。こういうことをいうと,本当はもっと新型コロナウイルスによる死亡が多いなど陰謀論を述べる人がおり,2020年の1月,2月は確かに本当の死因が見逃されている可能性があるが,3月以降,むしろ,他の疾患のある人が新型コロナウイルスにり患して死亡した場合の死因を新型コロナウイルスであると報告する医師が多かったことが推測でき,新型コロナウイルスによる死亡報告数(約3500人,2020年)は,むしろ過剰な値である。「死なないけれども後遺症がある人もいる」というのなら,それも,新型コロナウイルスに特有のものではなく,ガンや脳卒中で死なずに大変な思いをしている人は,新型コロナウイルスによる後遺症に苦しんでいる人の何十倍もいる。

大成功だったかも知れない日本の感染拡大予防策

 2021年になって,新型コロナウイルスによる死亡が増加し,7月時点で2020年の死亡者と合わせて15000人ほどとなったことから,2021年の統計では,新型コロナウイルスによる死亡が全死亡者数の1%を超えそうである。それでも2021年の死亡者の98%は新型コロナウイルス以外の理由で死ぬことになるだろう。マスコミの報道がその2%の新型コロナウイルスによる死に集中するのは仕方がないが,残りの98%の死についても新型コロナウイルスについての49倍くらいの報道があってもよい。我が国の人口あたりの新型コロナウイルスによる死亡者数は世界的に低位であり,経済的なダメージが大きかったことを除けば,日本の緩く長い感染拡大予防策に対して,現時点では大成功という評価が与えられる。

今後は見通せないがそれが不安なのはあたりまえ

 「今後,新しい変異株が出てきてとんでもない流行になるかも知れない」というように,未知のものに対する不安は,人によって感じ方が大きく異なり,社会に分断が生じる。こうした状況で,マスコミや野党が政府の批判ばかりしていては,これらの組織が分断の加速側にいるとみられても仕方がない。政府の新型コロナウイルス対策を強く批判している従来型革新政党に対して,新型コロナウイルス問題が顕在化する以前から,若者の支持がなく,変革を求めるはずの若者が自民党に投票する傾向がみられている。若者は,いまも昔も,どちらかと言えば,「成長」より「分配」,「伝統」より「公正」を求めており,こうした嗜好は,政治的立場として従来型革新政党に近いはずだが,これらの政党が政策立案機能を欠いてしまい,既得権維持だけを得意としているため,社会の新規参入者の支持を得られない。

世論の醸成をねらった報道が後世の歴史の審判に耐えるかは未知数

 第二次世界大戦を描くドラマを作ると,「国民は軍部に騙された被害者扱いで,主人公は戦争に疑問を感じている」という感じのストーリーになることが多いが,当時の世論(庶民感覚)が圧倒的に開戦を支持していたことに注目しなければならない。「騙された」というのであれば,それは「軍部に騙された」のではなく,「マスコミに騙された」のが実像だろう。新型コロナウイルスに関する報道が,データサイエンスにもとづく客観的な事実報道でなく,「街の声(新聞の場合は投書欄)」,「キャスターの個人的見解」に力点を置いていることに違和感を感じる。街の声に個人的見解を付加する報道姿勢が後世の歴史の審判に耐えるものかは,いまのところ未知数だ。