J. of Taroten

「うつ」や障害のいろいろ (C4面:大学教育,2012.6.27)

研究者の「うつ」は多いらしい

 研究者の「うつ」は多いらしい。理系の研究者の多くがハードワーカーなのは確かで(本学では,2017年より教員は裁量労働制。勤務時間が1分でも10時間でも7時間とみなすようです),大学院組織や附置研究センターなどでは,構成員あたりの自殺者がついつい大きくなりがち。若い研究者のうつが,不安定雇用を若者に押し付け,年配研究者が資源を独占しているためだとしたら,ちょっと,悲しいことです(未検証)。

新型「うつ」は・・・

 大学の先生は学生のカウンセリングも重要な仕事だから,自分が「うつ」でない先生でも,「うつ」は脳の疲労らしいという程度の知識はある。「うつ」の人に対して「頑張って」と言ってはいけない,頑張りたいのに頑張れない自分を責めるのが「うつ」であると学んできた。ところが,少し違うのが「新型うつ」である。通常のうつが「自責の念」があるのに対して,「新型うつ」では,うまくいかないのは,他人のせいであると考え,また,サボりとの境界がよくわかない。「新型うつ」には,本人の人生体験が不足していたり,人間的に未熟だったり,という部分があるように解説されるが,教育者としては本人を成長させてあげることが必要なのだろう。

似たような症状はいろいろあるらしい

 日本航空羽田逆噴射事件では,「心身症」という言葉が流行になったが,他にも「パニック障害」「適応障害」「摂食障害」「ストレス障害」「双極性障害」と様々な障害があって,正常と異常の区別も連続的なもののようだ。考えてみると,ストレスのかかる管理的業務を負わされた研究者が急に太ったりするのも,ある意味では摂食障害なのかも知れない。研究室から帰宅するときに,実験機器の停止,入試問題を入れたロッカーの施錠をしたかどうかが気になって,何度もちょっと引き返してみたり,というのも,「強迫性障害」の兆候があります。試薬を和光純薬で注文するか,関東化学で注文するかを長時間悩むようだと相当重症だろう。

化学物質のリスクを正当に理解できない人

 化学物質のリスクを正当に理解(甘受)できない人のなかには,筋金入りでリスクを甘受しない人もいるが,「自分ではどうしようもないことを深刻に悩み,落ち着かず,イライラし,頭痛や手足の震えなども生じる」との症状で特徴づけられる「全般性不安障害」である人も含まれる。原子力発電所の事故のようなことがあると,一定数の「全般性不安障害」を発症させるだろうから,これは,原子力発電に対して「賛成」「反対」とは別に,「体が受け付けない」というカテゴリーで考えておいた方がよさそうに思う。