J. of Taroten

4月から教務部長(学長補佐,教育担当)になります

男は好きなんだね,こういうの

 「○○長になりました」って,うちの奥さんに言うと,「男ってそういうの好きなんだ」ってバカにされてしまいそうだ。2017年4月から教務部長という役職に就くことになりました。他の大学でいうところの[学長補佐,教育担当]と同等だと思います。3月までは,応用生物学部の教務委員長を務めており,教授会を学部長と仕切るのも楽しくはあったが,また,違った立場で大学全体の教育をみるのも,キャリア形成には良さそうです。

カタカナ仕事が多そう

 まだ,教務部長の仕事の中身はよくわかっていませんが,とりあえず,入学式の日に壇上なので,礼服が必要です。あとは,アクティブラーニングとか,ティーチングポートフォリオとか,ディプロマポリシーとか,ハラスメント対応とか,コンピテンシーの育成とか,ラーニングアウトカムズとか,仕事の内容にやたらカタカナが多いです。東工大でJABEE担当をした当時,「シラバスは学生との契約」という意識は新鮮だったわけですが,もはや,この意識は普通のこととしてほとんどの大学で定着しました。ほかにも,いろいろと大学における教育の常識は変化しているのですが,そうした変化をキャッチし,学内に普及定着させるのが仕事の過半です。

事務職員との協力関係

 大学で普通に教員をしているぶんには,事務職員との距離は遠いのだが,たろてんの経歴の中で,東京大学時代の環境安全研究センターでの2年は,事務職員の考え方に触れる貴重な2年だったと思う。極端に言えば,教員は自分の研究がしやすくなるかどうかの狭い視点で大学運営(ポスト,金,場所)を考えている。それに比べれば,事務職員は,学生のためによい大学,経営が持続できる大学という視点で,自分の仕事のモティベーションを保っているはずだ。教員は教員が評価し,事務職員は事務職員が評価し,異なる指揮命令系統が混在していること自体は,大学における健全な組織運営だと思うが,教務部長の仕事には事務職員との協力が不可欠。事務職員 First,学生 Second,教員 Third の運営を心がけたいものです。

たろてんの次の教務部長は

 大きな失態がなければ,2017年4月から2年,あるいは,4年の期間,教務部長を務めることになりそうです。やめる頃にこういう話をすると学長の人事権に介入するかのような政治的発言になってしまうので,いまのうちに発言しておくと,次の教務部長は,八王子キャンパスも蒲田キャンパスも両方のことがわかっている教養学環から選出いただきたい。あるいは,ハラスメント対応のできる女性教員を選出いただきたい。