J. of Taroten

技術者倫理から見た科学論文における匿名性について (C4面:大学教育,2002.2.12, 訂補2021.1.30)

桃太郎と科学技術論文

 「むかしむかし,あるところに,おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは,山へ柴刈りに,おばあさんは川へ洗濯にでかけました。」とはじまる 桃太郎の童話。この物語りにおいて,桃からヒトが誕生することを科学的に信じる人は少ない。その理由は,あまりにも今日の科学と矛盾が大きいからであるが,大発見というものは,従来の定説とは矛盾するものであることもままあるから,今日の科学と矛盾があるからと言って,桃からヒトが生まれることを否定するのは大発見の芽を摘み取っている可能性もある。この童話には,従来の定説との相違以外に,「匿名性」という問題があることに気づくことになる。

場所や時間の匿名が問題

 「むかしむかし,あるところで」と日時と場所が伏せられている状況を科学技術論文として考えると,実験条件,調査条件が明確にされておらず,どういった場合に,桃からヒトが生まれるのかが明らかでない。学術論文でサンプルの採取場所などを秘匿することは,学術論文の価値を著しく小さくする・・・・とそんな課題を 中西準子さんのウェブサイト がとりあげていた(雑感の159)。その記事では,・・

 『水環境学会誌の2001年9月号に掲載された,xxxx著,「xxxxxxxxxのモデル水域における化学物質とxxxxxxxxx」(原文では実名)という報文を読んでさらに驚き,呆れかえった』とまで言ってしまうのだから,中西準子さん は相当お怒りだったようだ。「モデル水域」ってどこのことよ,っという疑問です。原著論文以外に,解説記事でも匿名化は記事のリアリティーを下げる

地環研問題として扱われた

 当方は,水環境学会誌の編集査読委員 をしており(2002年当時),この問題は,学会誌の編集委員会査読部会でも話題になった。水環境学会誌が場所を秘匿した原稿をいっさい受け付けないとすると,重要な会員層である地方公害試験研究所の会員からの投稿を締め出すことになるから,学会としてこの問題をどう考えるかというと,中西さんの意見とは少し異なる考え方をしましょうということだった。

桃太郎も教訓としては役に立つ

 桃太郎は,「むかしむかし,あるところに」であっても,その物語としての価値がないわけではない。学会誌に掲載される学術論文としても,「むかしむかし,あるところ」でも論文としての価値がある論文も多くあるであろう。ただし,研究者としては,努力義務として,匿名にしないことができないかを追求する義務はあると思う。また,測定したデーターは匿名に加工することなく発表できるような雰囲気を整備していくことが求められる。発注者に対して弱い立場にあるコンサルタント や地方の行政当局に対して弱い立場にある地方の公害試験研究所が自分で測定したデーターを自分で発表できるようになることが,我が国の科学技術,あるいは,行政が透明性を増すためには必要である。

(2006.02.21訂補)(2012.4.14訂補) 両当事者から反響のメールが・・

 2006.02.21に当該論文の著者から,本記事に対してコメントいただきました。『私は最初HPのタイトルをJ. of たてろん(建前論の略)と読んでいました。バランス感覚がすばらしくほころびの見えない文章だったからです。でも程なく,このバランス感覚こそが,ジャニーズ系のルックスと相俟って,奥様のみならず「たろてん」と愛称される所以であると理解しました。』・・(本件に関連する部分は削除して引用)

 2012.4.14に産総研フェローさんからも本記事に対してコメントいただいています。重要な部分を削除して紹介すると,「お写真見ると,イケメン ですね。」とのことでした。

関連記事:NHK-BS-P「科学者 野口英世」で考える研究者の倫理(2021)