J. of Taroten

松任谷由実コンサート at 片柳アリーナ(蒲田) (C5面:近況, 2019.6.23)

池上本門寺から蒲田へ歩いてみた

 池上本門寺というのが,現勤務先の大学の蒲田キャンパス近くにあって,前理事長が戦後,蒲田の地に専門学校を開校したころは,蒲田から池上本門寺まで全部焼け野原だったという。いま,この界隈は,住宅密集地となっていますが,高い建物がないため,蒲田キャンパス の上階からの眺めがいいです。本門寺は,日蓮が死去した場所だそうで,それなりに立派で,近くには,古民家を改造した喫茶店とか,暮らしやすような街にあります。呑川 の様子も少し観察しておきました。

蒲田の地下アリーナ

 蒲田の地下アリーナは,本学の蒲田キャンパス再整備事業のひとまずの完成形という位置づけの建築物です。「地下5階(かな)まで掘削した土砂をどこに捨てるんだ」といった環境分野にお決まりの議論に加えて,「蒲田駅前にこんなものを作るんだったら,体育の授業やクラブ活動に使うんじゃなくて,貸し出してしまえば利益が上がるんじゃないか」とか「学校法人としてそんなことで利益をあげてはいけないが,ホール運用益で奨学金にするのだったらいいのではないか」とか,いろいろ,議論がありました。

そもそも地下ホールの管理はイベント会社に任せているのかも知れない

 このコンサートは,ホットスタッフプロモーションというイベント企画会社が担当しているが,この会社と,本法人の専門学校のコンサートイベント科が提携を結んでおり,学生の教育の一環という意味もあるようだ。蒲田の地下ホールもその会社に管理を委託しているという話もきいたかもしれず,今回のCharと松任谷由実のコンサートも,同社と関係の深いミュージシャンを巻き込んでの同社40周年イベントのようです。大学としても松任谷正隆がメディア学部の非常勤講師だったりするし,苗場スキー場 のユーミンコンサートにも同学部の学生がかかわっているようだ。

 松任谷由実部分の演奏構成[キーボード,ドラムス,ベース,ギター,管楽器(ここまで各1名),コーラス3名]

高等教育界から短期大学は絶滅しつつあるが・・

 そんなメディア学部の先生が,「ユーミンの歌って,短大卒の一般職女子のおもいを綴った歌詞なんだよね。いまの若者からは少しずれてきてるんですよ」と言ってました。実際,今回,片柳アリーナを満員にした客のほとんどは,短大卒の一般職女子とその配偶者の正社員安定雇用の男子,という組み合わせが標準世帯になりそうな年齢層の方々でした。たろてんは,前から5列目の席だったのだが,ユーミンのダンスパフォーマンスはなかなかで,また,ピアノを眼鏡をかけて弾いているところなどは,ちょっと,かわいかったです。客席総立ちで,「ブリザード,ブリザード」と手をスイングしたり踊ったりするあたりは,谷山浩子コンサート との差がみられた。