J. of Taroten

大学・学部学科・研究室等の選択問題 (C4面:大学教育,2007.4.18, 改稿2016.7.2)

2007年4月18日原稿のものを2016年7月2日に大改訂しました。

研究室の人気,学科の人気,・・・

 研究室の人気は,研究室の維持発展のために不可欠の要素である。学部学科の人気も学部学科の維持発展には不可欠の要素。先生の活力も大切だが,結局のところは,良い学生が集まらないと,学部学科の先行きは暗い。志望度の低い学部学科であっても与えられた条件で頑張ることが必要だと思うのだが,自分がやりたいことに関する思い込みが強い人は多い。チョットした思い込みに過ぎない研究室や学科の希望であっても,それを変えさせられて第3志望とかに回されると,それだけでやる気がおきない人が多い。不人気であっても人が集まればまだよいが,人が集まらない状態が続くと,その大学・学部学科・研究室がスクラップされてしまうかもしれない。

多くの選択肢から一つを選択する場合

 まず,多くの選択肢から一つを選ぶ場合,たとえば,理科1類などというようなざっくりした入試で入学させ,いくつもの学科の中からひとつを選ばせるとか,20個程度ある研究室のうちひとつを選ばせる,といった選択法の場合,不人気部門が定員割れし易くなる。各振分先の定員の合計をがっちり対象者数に設定すれば,不人気部門にも人を流すことができるが,選択肢が多様であるほどこうした定員コントロールは難しく,無理に不人気部門に人を流すと,意欲のない人ばかりが配属される部門がこの方式では生じる。

東京大学の進学振り分け

 東京大学の進学振り分けは,この多くの選択肢から一つを選ぶ方法の典型例で,わが国の産業の浮き沈みを明瞭に表現するとされてきた。たとえば,本稿原案作成時(2007)の場合には以下のようだった。

第一段階[PDF] ・第二段階[PDF]

狭い選択肢を提示されると妥協が生じ,競争が緩和される

 一方,多くから選ぶのではなく,「AかBかCかを選んでね」と3つくらいしか選択肢がない場合,比較的,妥協がスムーズで「まあ,Bでもいいか」となりやすいし,A, B, Cの間での競争も生じにくい。この例としては,建設系として入学試験を行い,土木が建築か社会工学科を選ぶ,などの場合が該当する。この狭い選択肢を与える制度は,元来,不人気部門にやさしい制度なのだが,不人気部門の人にもプライドがあるから,不人気部門の人が制度の改革を要求することも多い。

 最近,結婚しない人が増えている背景には,従来「狭い選択肢」であった結婚問題が,「多くの選択肢のある問題」に変わったため,妥協が難しくなり,不人気部門が顕在化したという側面もあろう。ただし,20歳代の男性に限定すれば,結婚できない問題は純粋に経済問題なので,少子化を選択肢問題のせいにするのは間違いだ。年収400万以上の所得と安定した雇用を若者に分配すれば,少子化はかなり緩和される。

広報できていないは言いわけ

 選挙で,敗北した政党が,「政策はよかったが,有権者にわかっていただけなかった」とか「マスコミが偏向している」などと敗北を広報活動のせいにする場合がある。不人気学科・不人気研究室も「学生は中身をわかって選んでない」と居直る場合があり,確かに,学生は中身をわかってはいないが,雰囲気はわかっているので,そこを読み違えてはいけない。あと,パチンコも競馬も宝くじもやらないたろてんには,全く理解できないが,「期待値ではなく,最大値で動く人が多い」ので,「こういうバラ色の最高値があるよ」とアピールするのも人気の向上には有効。土木より建築が常に人気があるのも,人生の平均値というより,優雅そうに見える一部の建築家の存在のためである。

学科などの集団を救う個人による利他的行為

 集団の極めて少数のものの利他的行為(自発的に,自己への見返りを期待しないで,組織や正義のために尽くす行為)がその集団を救うことはよくあるらしい。利他的行為は,個人への淘汰圧が低いが,集団への淘汰圧が高い場合に起こりやすいという。これは,組織論として,重要なことを示唆している。組織が危機に陥った場合に,その組織の長の取りがちな行動の例として,組織の構成員に淘汰圧をかけるが,これでは,組織を元気にする行動をその構成員に期待することはできない。個人への淘汰圧が高ければ,他人を救うことなど誰もしたくなくなるからだ。古い例で恐縮だが,中西準子宇井 純 の行動が利他的行動であったか,不明点もあるが,少なくとも,自分の信じる正義のための行動であったことは確かで,そのことが,東大都市工学科の当時の衛生工学コースが優秀な人を集めるのに役に立った面はあっただろう。