J. of Taroten

書評:セス・M・シーゲル著(2016):水危機を乗り越える!−砂漠の国イスラエルの脅威のソリューション,草思社,2800円

イスラエルへは世界同時多発テロの最中に行った

 イスラエルへは,2001年9月11日の世界同時多発テロの最中に訪問した(→ 当時のたろてんの若い写真がこれ) ことがある。それまでパレスチナ問題とは何なのかも知らなかったのだが,この問題がどういうものであるのかは,教養人であれば知っておいた方がよいと思う。ヨーロッパや米国を揺さぶっているアラブ系イスラム教徒の難民問題を適切に考えるためにも必須の知識であると思う。

本書はイスラエルの水問題

 本書 (セス・M・シーゲル著(2016):水危機を乗り越える!−砂漠の国イスラエルの脅威のソリューション,草思社,2800円) では,イスラエルにおいて,水の技術者がいかに困難なことをなし得てきたか(逆浸透法や多重効用法による蒸溜),彼らが国内でいかに尊敬されているか,また,新しいビジネスに挑戦しているか,国が水を適切に管理することができているか,・・・,そんなことが書かれている。国土のほとんどが砂漠である国には,日本のような余裕のある水運用はできない。下水処理水を灌漑利用した場合の処理水に含まれる医薬品の話なども書かれていて,縦書きの本にしては楽しめた。

イスラエルの視点からの本です

 本書は,イスラエル建国以来の水の管理により,砂漠を減らし,灌漑方法を改良し,農産物輸出国にまでイスラエルが水問題で成功したことを誇らしく書いたイスラエル側の視点の本なので,そうは明言されていないが,アラブ側が妥協を拒むことによってアラブの人々が悲惨な水事情に陥り,そうした状況にもかかわらず,アラブ側には適切に水問題を扱う能力がない,ということが示唆されています。アラブ(パレスチナ)人側から見ると,イスラエルがアラブの水を収奪していることこそが問題ということになるのでしょうが,なんとか,両者,折り合ってほしいものです。