J. of Taroten

見学:荏原製作所藤沢工場,静岡某工場,吉岡弥生記念館 (C4面:大学教育,2010.10.13)

油まみれ,扇風機ぐるぐる,昭和40年代の雰囲気

 水処理業界でも有名な荏原製作所藤沢工場のポンプの製作工場を見学しました。工場というのは,そういうものなのだが,冷房のない工場建屋の中を扇風機がぐるぐるまわって,何だかうす暗いなかを油まみれの作業着の作業員が黙々と働くという感じで,昭和40年代に タイムスリップ という感じでした。見かけはローテクなのだが,それでも,日本の工場で作っているものは付加価値の高いポンプのみなのだそうだ。金属が専門の人が見ると技術的な指摘ができるのだろうが,素人のたろてんが見ても,どこがキモなのかはよくわかりません。でも,丸太みたいな鉄の棒から,ポンプの羽を削りだしていくのは,なかなか,見ごたえがある。いまの若い人は,ああいう三角屋根の天井の高い薄暗い現場で働くことを人生の中で想定しているのでしょうか。ネクタイ締めて,空調の利いた屋内でまばゆい蛍光灯の下で事務作業をして,ときどき,恋愛を含む人間模様があって,というような仕事だけで,世の中できていると思ったら大間違い。

静岡某工場

 こちらは,あまり親しい工場ではないので,匿名で。この工場は化学系の工場で何を作っているのかはよくわからないが,真っ黒の廃水を凝集沈でん → 生物処理で処理している。廃水の色調としては 有機物を埋め立てた廃棄物処分場の浸出水処理 に似たもの(すなわち,コーヒーから紅茶へ処理する)を感じました。化学系の工場というのは,きちんと管理しているようでも,どこか,薬品臭があるもので,やっぱり,何かの匂いがします。たろてんは,子ども時代を京都で過ごしましたが,そのときに嗅いだ染物の町工場の匂いに似たものを感じました。下水を処理している活性汚泥の匂いではないです。蒸気がところどころから噴き出しているのを見ると,どこか,昭和40年代の光景です。たろてんの子ども時代の京都では,いたるところに染色などの町工場があり,こうした光景はどこでも見られたのですが,最近,たろてんの出身小学校の周りをぷらぷら歩いたときには,すでに,廃業したか,郊外に移転したかで,そこに工場は存在していませんでした。工業地帯と住宅地がわかれるのは,都市計画の基本かもしれないし,日本から製造業が消えるのも仕方ないのかもしれませんが,若い人が職業と言うと,ネクタイ締めて,空調の利いた屋内でまばゆい蛍光灯の下で事務作業をして,ときどき,恋愛を含む人間模様があって,というような仕事しか想像できない原因はこういう住宅と工場の分離にあるのかも知れません。

吉岡弥生記念館

 吉岡弥生という人は,東京女子医大の創設者。その創設者の生家に記念館があって,そこの特別展示をうちの奥さんが担当したというので,別の出張のついでに出来ばえを妻抜きで見てきました。新幹線の駅からバスで20分くらいなのですが,バスは,ほぼ貸し切り状態。地方の公共交通シャッター街 をどうするのかは,大きな問題です。私立大学の創立者というのは,それなりに記念されるものなのはよくわかります。国立大学とそこは大きな違い。展示を見終わって,記念館を出るときに,「U先生によろしくお伝えください」と記念館の職員にあいさつされると,「U先生?,そうか,たろてんはU先生の夫だったのか」と吉岡弥生記念館でのたろてんの立場をあらためて認識したのだった。


吉岡弥生記念館近くの高天神城

遠州灘から浜岡原子力発電所を望む