J. of Taroten

鉄道事業への愛着のないJRのpoorな中央線管理 (C8面:鉄道趣味,2005.2.17)

未必の故意による中央線の渋滞

 朝のラッシュ時の電車は遅い。すでに遅いことが見こまれてダイヤが組まれているが,その遅いダイヤさえも守られない。限られた施設で最善の努力をした結果として,どうしても,不具合が生じるのであれば仕方がない。しかし,中央線の場合には,様々な点で,もう少し努力ができそうなのだ。

信号機配置の問題

 現在(2005年当時),中央線の上りで朝のラッシュ時に渋滞(前に列車がつかえて後続の列車が駅に入線待ちをする状態)が生じるのは,武蔵境駅手前,西荻窪駅手前,四谷駅手前である。乗降に手間取る駅を先頭にして渋滞するのはいたしかたがない面もある。たとえば,小田急で下北沢を先頭として渋滞したり,京王線で明大前を先頭として渋滞するのは,これらの駅が乗降客数の多い駅で,駅のホームが狭く,交互発着もできない施設上の問題から仕方がない面がある。しかし,中央線の場合は,立川,国分寺,三鷹,中野,新宿の乗降の多い駅ですべてホームの両側2線を交互に使って発着しており,吉祥寺,四谷,御茶ノ水は,主として降車が多いから,停車時間はそれほど長くは必要ない。

 では,何故,渋滞するのか。実は信号機位置の問題があるのだ。

武蔵境駅の場合(記述は,執筆時点(2005年)のものです。現在は,武蔵境駅の信号配置は改善されています)

 図の信号機配置で,問題点は2点あって,ATOSに信号機を連動した時点で,武蔵境駅の出発信号機の開通タイミングが遅くなり,電車が進入する時点で第三場内信号が注意の現示で電車が進入せざるを得なくなったことがある。このため,ゆるゆると電車がホームが進入することになり,後続の列車が再加速して駅に進入するのに要する時間が増加してしまっているのである。もう一点は,第一場内信号付近の信号機間隔が長すぎることである。先行列車が武蔵境駅に停車中は,第一場内信号の現示は警戒(黄色二重現示)となっており,続行電車は,そろそろと第一場内信号に向かって進む。ここで,先行列車との距離がつめられない。この信号機配置になったのは,上り線が 高架工事 の仮線になったときからで,それ以前は,第一場内と第二場内の間にもう一つ信号機が密植されていたため,第一場内信号の現示は,減速(黄色と緑の現示)で進入できていた。また,第一閉塞信号が仮線移行で東小金井よりに位置が移動したのも,悪影響があった。

 もう一本信号機を増設するか,出発信号を制御するATOSのプログラムを改良すればずいぶん状況はよくなるはずである。

西荻窪駅の場合(記述は,執筆時点(2005年)のものですが,現在も改善なし)

 ここは,武蔵境より事態は単純である。ATS-Pを導入したときに,図の第一場内信号と第二場内信号の間の信号を引っこ抜いてしまったため,西荻窪に先行列車がいる場合に次の列車が駅の遥か手前の第一場内信号で信号待ちをすることになり,渋滞している。西荻窪のように乗降客の少ない駅で渋滞するのはそもそもおかしいが,どうして昔の第一場内信号を取り外してしまったのだろう。

四ツ谷駅の場合(記述は,執筆時点(2005年)のものですが,現在も改善なし)

 ここは,ホームの中間にある信号機がない,つまり,西荻窪の図での第二場内信号,武蔵境の図での第三場内信号に相当する信号機が四ツ谷駅にはないのである。ホームの途中に信号機を設けると,先行電車が発車したことをすぐに続行電車が認識でき,後続電車が先行列車との時隔をつめるのに極めて有効であるが,どういうわけか四ツ谷にはこのホーム上信号機がないのである。おそらくは,前方の線路が下り坂で過走しやすく,過走した場合に電車の後端が信号機をすぎて停車してしまうと,保安上,電車をホームに引き戻せないから,ホーム上信号機を削除したのかもしれない。しかし,めったに生じない過走を恐れて,毎日渋滞させていたのでは,本末転倒である気がする。

もっと線区に愛着が必要

 信号機位置以外にも ダイヤの問題施設上の問題事故時の運転整理 などにも改善の余地がある。どうして,JRにはこのように問題が多いのか。ひとつには,線区のプロが育たない体制だからだと考えられる。京王なら京王に就職すれば,ずーっと京王線のことを考えて暮らす。しかし,JRでは,ある日は中央線のことを考えていたとしても,次の日は別の線区のことを考えている。抜本的な改良を提案して,もし失敗すれば人事上のマイナス評価となる。それなら,問題を先送りして,次の線区の担当になるまで何もしないのがよいという考えも成り立つ。運転手も,ちょっと前まで,1日何本かしか列車の来ない東北の田舎の列車を運転してきた人たちで,そんなところの運転手は首都圏の稠密な線区で前を追い込む運転など経験したことがない。信号系の人も,ダイヤ作成者も,運転整理の人も,運転手も,組織が大きすぎるのだろう。