J. of Taroten

第4回IWA-ASPIRE(東京国際フォーラム)へいってきた (C2面:環境衛生工学,2011.10.2-6)

昔のアジア会議のようです

 IWAのこの会議は,昔のアジア会議を模様替えした会議です。思えば,修士2年のとき(20年くらいも前か?)に上海で開催されたIWAのアジア会議がたろてんのアジア会議初デビューでした。学術的にはこのアジア会議や2年ごとの全体会議よりも膜分離とか有害物質などのテーマを絞った国際会議の方が参加する意義はあるでしょうが,水環境・上下水道関連の分野の人にとっての同窓会的な雰囲気がある会議で,まあ,アジア地区の顔合わせのための会議だと思えばよいのでしょう。

座長と発表1件で

 当方からの発表は,臭気ネタで,T. Urase, Y. Sasaki, H. Ichihara (2011): Factors affecting threshold odor numbers of biologically treated wastewater and possible countermeasures for the reduction というもの。久しぶりの英語発表でちょっと緊張しました。さらに座長を務めたセッションは,膜による廃水の再利用で,京大のTとのCo-chair。でも,日本人同士で2人座長というのは良くないです。国際会議なのだから,外人と日本人の組み合わせにするのが普通だろう・・・と主催者に言ってみたら,「外国人は,本当に来るかどうかわからないので,日本人に多く座長を当ててます」とのこと。日大のSから頼まれて,お手伝いのボランティア学生を5名ほど派遣したのだが,会場係は大幅に余っており,学生は暇そうでした。

雑談1-放射性物質

 福島の問題があって,放射性物質に関心が高まっているが,今回の会議では,まだ,研究結果が発表されるというタイミングではなかった。会議の最中の雑談から。水道水に含まれる化学物質の発がんでは,よく水質基準設定に10-5の生涯リスクを用いるが,金町で基準オーバーして問題になった300 Bq/Lは生涯リスクに換算すれば10-2レベルの大きいリスクだろうという。ただ,これは,事故時の緊急レベルだから,別建てと考えて,WHOのいう水道水基準(10 Bq/Lだったかな)も生涯リスクで考えると,そんなに低いリスクではないようです。ただ,放射線については,バックグランド時点で10-5の生涯リスクがあるようで,化学物質と同じように考えるわけにはいかないとのこと。さらに疫学的に水道水の塩素処理は発がんに有意性があるが,自然放射能が高い地域の発がんへの影響は疫学的に有意ではない。ということで,ここに書いたことについては,聞き耳を記述しただけなので,正確な情報を得たい方は,もっと信頼できるソースに当たってください。

雑談2-震災特区

 震災についても特別なセッションはあったが,研究発表の段階でないのは,同じ。東大のKによれば,下水道の復旧に当たって,本当に処理が活性汚泥である必要はないのではないか,という。海に放流する処理場でBODを除去する意味がわからんということらしい。震災特区がいいかどうかはわからないのが,BODの排水基準を緩和してしまえばよいのに(水質汚濁防止法の本則160 mg/L[日間平均120mg/L]に戻すという手はある),この分野の役人は,BOD除去こそが下水道のいのちだそうで,BODを放流しようという話にはならないらしい。たろてんも(閉鎖性でない)海に放流する処理場で何故BODを除去する必要があるのかはわかりません。

森 喜朗と猪瀬直樹が来てた

 IWA-ASPIREのカンファレンスディナーでは,森 喜朗と猪瀬直樹が来てました。これからの日本の水ビジネスの動向を考えると,こういう人選は結構だと思うが,挨拶の人数が多かったり,スピーチが長かったりするのは,会議参加者に嫌われる。でも,外国で開催される国際会議でも料理をおあずけにして延々1時間くらい話されたりする会議もあるから,日本だけの問題ではないのかもしれない。まあ,こういう演出は仕方ないです。森や猪瀬のスピーチで見習うべきは,「通訳を意識して話しているな,そういう機会に慣れているな」というもの。彼らもいろいろ自らを訓練しているのでしょう。