J. of Taroten

大学における民族派を邪念で科学する (C4面:大学教育,2004.4.26)

東大の類システムは,東工大の類システムとかなり異なる

 東大の類システムは,だいたいご存知のように,理科系は,物理/化学系の理科 I 類,生物/化学系の理科 II 類,医学系の理科III類というわけ方で,理科 I 類の場合,進学先として,理学部,工学部をはじめ,理系のほぼすべての各学科への進学の広い選択肢がある。東工大では,同じ類からの進学先がいくつかの学科しかない が,これとは,かなり様子が違って,本当に,ばらばらになる。当時,人付き合いの悪かった私としては,教養時代(キャンパスの名前を取って駒場時代という)のクラスの交友関係が,その後も続くことはあまりなく,現存する関係は,ほとんどゼロに等しい。その後の進学先,就職先を現在でも覚えているのは,50人クラスに2名いた女子だけだし,そのうちのひとり「X」と,かろうじて,年賀状のやり取りが続いているのが,唯一の継続関係だ。

みんな自己実現してそうでした

 そのXを介して集まれる人4名 X, A, B, 私 が本郷キャンパスの近くの根津の居酒屋に集まりました。

 Xは農学部へ進学し,何を思ったか,そのあと医学部へ入学,現在はお医者さん。ちょっと前まで,ものすごい勤務状態だったようだが,最近は,ペースダウンのようだ。1日150人の外来患者を診たこともあるというが,これは,素人が考えても,ものすごいスピード。既婚です。

 Aは工学部へ進学し,その後,生け花用の吸水スポンジのメーカに勤めている。吸水スポンジという特殊技術で秀でている会社ということで,たろてんが,逆浸透膜関連でお世話になっている日東電工と同じで,「グローバル,ニッチ,トップ」という感じの会社なのだろう。和服を着てその根津の居酒屋に登場するくらいだから,かなりこだわりの生活のようだ。奥さんとは,バス停で知り合ったとのこと。バス停って,バスを待つためのものだけではないようだ。

 Bは理学部へ進学し,その後,まっとうに会社勤めをしていたが,1年経たずしてやめて,東京外大なんかも考えたが,何故か,東大の理科III類に入りなおして,現在,Xと同じく,やっぱりお医者さん。離島診療 で,小笠原に行ったり,今度は,青ヶ島へ行くらしい。伊豆諸島もいろいろあるが,青ヶ島とはちょっとすごい。

どうして自校出身者の教員が大学に多いか

 XもAもBも,それぞれ,うまい人生を送っているのだと思う。忙しいながらも,どこかに余裕があって,充実していて。同窓生はある意味の均質集団で,それぞれの人生に高評価を与えてしまうのだが,同時に他大学から来た先生が感じる何となくの疎外感は,案外こういうところに根ざしているのだろう。それが,無意識のうちに, いろいろな態度にも出る。ある程度のレベルの大学では,大学の教員に自校出身者が集団を作りがちだが,そのあたりの問題も関係あるのだろう。


東大都市工(環境衛生工学コース)の2018年同期会
1名参加の女子も卒業後,医師の道。理Iから医師を目指す人ってなぜこんなに多い?