J. of Taroten

わかり易いスイスの公共交通のダイヤ (C8面:鉄道趣味,2011.8.12)

今回も1時間ごとダイヤのわかり易さを体験

 オリエンテーリングの大会 Swiss Orienteering Week 2011(SOW 2011 Flims)に行ってきた。本稿ではそれに関連して,スイスの公共交通の利用促進の考え方をダイヤ面で再度考察しておきたいと思おう。前回のMuotatalの大会の参加記のところ で,スイスの鉄道ダイヤの決して速くないが,接続を重視した考え方と1時間ごとダイヤの覚え易さ,便利さについて記した。今回のFlimsの大会でも,ZurichからFlimsへの交通でこの便利さを実感した。以下に示すように,ZurichからFlimsへは鉄道からバスへChurで乗り換えるが,朝は30分ごとのサービスでZurich毎時7分発が加わるものの,毎時37分発は,所要時間1時間44分でほぼ統一されており,時刻表の記憶の要らない便利なダイヤである。夜間は,Churの街からの利用を意識して,Churの初時刻をジャストタイムにしている。もちろん,時刻表は,スイス国鉄のウェブサイトからバスも通算して検索可能である。

Churでの乗り継ぎの便利さ

 我が国の鉄道とバスは事業者も異なれば,運賃も通算されず,ダイヤの連携もない。しかし,スイスでは,一枚の切符ですべてが利用でき,鉄道が1時間ごとなら,それに接続して,バスも1時間ごと,乗り継ぎ駅での大きな荷物を持った移動も最小限になるように工夫されている。スイス人が東京に来て公共交通機関を使おうとしたら,たとえば,橋本でのJRと京王の乗り換えや立川でのJRとモノレールの乗り継ぎに見られるように,両者の改札をわざと離して,日々の利用者の利便を台無しにしてまで途中の商店の売り上げ増加を狙うような公共交通施策には嫌悪感を覚えるだろう。我が国のSuica-Pasmoは,料金支払面でスイスの1元運営に近い利便性を提供している点は評価できるので,さらに,乗換,案内,ダイヤ上の接続などの面で改善がはかられることが望ましい。

臨時便は特急バスで

 スイスも道路改良はそれなりにされていて,自家用車利用も便利な国である。ChurからFlimsに向かう道路でも,一部の街ではその直下を数キロのトンネルで抜くバイパスが建設されている。しかし,そうであっても公共交通機関を利用させるには,それなりの工夫が必要である。バスのダイヤ はすでに述べたように1時間ごとだが,需要が多い季節や,イベント時には,通常のバス以外に,高速道路,バイパス経由の特急バスを設定し,Churのターミナルでは,これらの特急バスは通常のバスと同時に出発する。だから,臨時便でも必ず鉄道との接続は良いし,臨時便に乗れれば,通常便よりも15分ほど早く目的地に着ける。Flimsでは逆に臨時便は定期便の10分後に出発し,途中で定期便を追い越し,Churで定期便と同じ列車に接続する。あとソフト面で重要なのが,車内やホテルなどでも折り畳み式のバスの時刻表が無料配布されていることである。

安心感と所要時間の短縮の両立

 我が国では,道路改良などがなされても,その恩恵を受けない路線設定でバスの運転が固定されているケースが多く,需要が多い時間には,単に本数を増やすだけのダイヤとなることが多い。鉄道ダイヤでも60分に一度の運行で輸送できるよりも需要が多くなる区間では,40分ごととか,工夫がなく覚えにくいダイヤが設定され,平日と土休日でダイヤが不規則に異なったり する悪いダイヤが我が国はある。しかし,時隔の短縮と同時に,この時間に行けば必ず乗れる(平日も土休日も毎時同じ時分にサービスがある)といった安心感や所要時間を短縮して需要を掘り起こすことが公共交通機関が生き残るために必要なはずである。

Zurich から Flims までの時刻表

Zurich HBChurChurFlims Dorf, Post
(Dep)(Arr)(Dep)(Arr)
637752758821
707822828900
737852858921
8079229281000
8379529581021
937105210581121
1007112211281200
1037115211581230
1137125212581321
1237135213581421
1337145214581521
1437155215581621
1537165216581721
1637175217581821
1737185218581930
1837195220002034
1937205221002134
2037215222002234
2137225223002334

Churのバスターミナル
 鉄道駅ホームの直上に作られ,鉄道ホームから階段を1階分上がった目の前がバス停

スイスのポストバス
自転車を積み込む人もときどきいる