J. of Taroten

タイへ行って来ました (C1面:旅行・出張, 2005.3.20-23)

2箇所の廃棄物処分場を見てきました

 2箇所の タイの廃棄物処分場 を見てきました。浸出水の採水と現場測定用の水質測定機を持って行って来ました。今回は乾季の暑い季節の調査であった。1つ目の処分場では,浸出水はすべて蒸発するからポンドにためているが放流はしていないということになっていた。タイは暑い国だから水分を含んだ表面からは年間の降水量の2倍を潜在的には蒸発させることができる,というのが,根拠だったが,雨季に本当に浸出水が出ていないとは思えない。2つ目の処分場では,浸出水をエアレーションラグーンで処理して,確かに処理水はきれいに見えた。処理水は月に一回測ってBOD 18 mg/Lとのことであった。排水基準は20 mg/Lだから,おそらく,いつ測っても18mg/Lなのだろう。処理の過程で電気伝導度がかなり低下しており,何らかの希釈がされている可能性もある。


小松先生(埼玉大学)と記念撮影

電気伝導度計を調査井戸に投入


夫婦別姓について

 ところで,今回のタイ側研究者の Chart Chiemchaisri 先生は,たろてんが東大の修士課程にいた頃に博士課程学生として日本へ来て,たろてんがChartさんのチューターをしていたという関係にある。だから,知り合って,14年くらい(執筆当時)。タイのカセサート大学の同じ学科にChiemchaisriさんはもう一人いて,この人がじつは,Chartさんの奥さん。配偶者雇用が適用 されているのかも知れません。タイも基本的には,結婚すると男性側の姓に統一することになっているので,Chiemchaisriさんに夫婦でなっているのだが,昨年タイでは法律が改正されて,統一しなくてもよいということになったらしい。Chartさんによれば,「新しい制度では,今度は子供がどちらの姓を名乗るかを決める」とのことだった。

墓の管理を誰がするかという問題なのだろう

 いわゆる家制度には,たろてんは,全く価値を置かないが,価値を置く人もいるだろうと感じたことがこの正月にあった。正月休みに,たまたま,多磨霊園をぶらぶら歩いた。立派な墓というのは趣がある。多磨霊園には,有名人の立派な墓もあるのだが,その墓を守ろうと考える人は当然いるだろうなあ,とは感じた。家の継続ということに価値を求める合理的な理由があるとしたら,それは墓の管理だろう。山を切り開いて,墓苑を作ったりしているのを見ると,死んでまで,地表の特定の場所を自然から収奪する必要をあまり感じないが,一方で多磨霊園のような造成してから時間の経った墓地はそれなりに自然に調和しつつあるように感じました。