J. of Taroten

土木学会年次講演会2004 (C2面:環境衛生工学,2004.9.9)

今回は,我々の研究室からは2件発表しました

 最初が雨水枡の泥を80サンプルとって,その重金属濃度を測定したもの。発表自体はうまくいったし,受け応えも良かった。ただ,鉛の起源は?と訊かれて,これは,「自動車から出てるんですよ,(わかりましたか?, という感じの口調)」と応えていたが,学会の質疑は,相手に教授することでもなく説得することでもないので,「自動車からの排出の寄与が大きいと考えます」という感じで応えた方が良かったのではないかと思う。ただ,こちらが思ったようには答えないのが学生というものである。祝:土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰受賞
 もうひとつの発表は,医薬品の活性汚泥による分解の研究の発表。金沢大の池本良子先生の活性汚泥の馴致に関する質問, 北大の木村さんの汚泥への吸着能をlog Kowで説明できるかどうかに関する質問,大橋さんのモデルに関する質問で,いずれの質問も,良いところをついていた。学生からの答えは全く間違っていたが,こういうときに,「共同研究者の○○ですが・・・」と言って,立ち上がるべきかどうかは、結構迷う。助けるのは,余り格好のよいものではないし,かといって,的確に答えられる人が答えないと言うのも,学会参加者が情報を得ると言う目的からすれば,問題だ。結局,立ちあがりませんでした。

ブダペストの思い出

 そういえば,ここに登場の大橋さんにはハンガリーのブダペストのオープンカフェでカツレツをおごってもらった,とか,良子先生とは,やっぱりブダペストでドナウ川の船下りをご一緒した,とか,大昔の学会のことを思い出しました。当時,たろてん,まだ25才の誕生日になってすぐ。うーん懐かしい。

寄せ集めセッション

 うちの研究室からの発表は,「上下水道管理」のセッションと「環境リスク管理」という何でもありのセッションで,「環境リスク管理」の方のセッションなどは,最初に座長の大橋さんが,「皆さん,別のセッションに発表申し込まれていたのではないか,と思いますが,プログラムの都合で寄せ集めのようなセッション になってしまいました。」と発言するようなセッション。仕方がないので,たろてんが義理でだいぶ質問しました。でも,こういうのは本当に良くない,と思う。いくつか,理由があるが,以下のようなことをもう少し考えていただきたい。

(1) プログラムを組む方で,もう少しセッションのテーマが明確になるように考えていただく
(2) 環境分野の先生は,土木学会をメインと考えて行動しない先生が多く,他の学会へは行っても土木学会に来ないという先生も多いが,そうなると,会場は下っ端ばかりになり質疑が出なくなり,土木学会の中で今以上に第7分野のプレゼンスが小さくなる。

日水コンの社長登場

 学会には,意外とえらい人が来ている。日水コンの社長 も来てた。日水コンの社長が言うには,「学会で拾うネタというのは,今は役に立たないけど10年先にはものになるようなものを期待しているが,昔に比べて,今はそういう研究が少なく残念だ。ビジネスとして見ると,いまの学会はちょっと物足りない。ただ,それでも,学会に足を運ぶのは,頭の体操。学会に来ると,頭が活性化するような気がしてねえ」ということのようです。私も,会社の社長になったら(なれないと思うが),こういう「時間があったら学会」というスタイルの社長になろう。時間があったら,ゴルフとか,接待とか,そういう社長は,よろしくない。