J. of Taroten

ATCCの菌株の輸入 (C5面:近況,2009.1.8)

真菌で医薬の品の分解を・・・

 医薬品の分解実験のための真菌をATCCから手に入れることにしました。ATCCのサイトを見たところ,代理店を通した方が便利そうなので,日本での公式代理店である住商ファーマに注文したら,なんと,植物検疫でいう輸入禁止品だという。どうして,こんな一般的な真菌が,とも思ったのだが,真菌って,バクテリアなんかより,警戒されているのかもしれないです。

特別に検疫してもらった

 農林水産省横浜植物防疫所へ許可申請をすることにしました。冷蔵庫やインキュベーターには鍵をかけなくてはならないのか,輸入禁止品専用のインキュベーターを用意する必要があるのか,部屋に鍵がかかれば外部の人が立ち入りできないと見なしてよいのか,とか,いろいろ調整が生じて,実験室を見に来てから,許可をするとのことになりました。また,事前に実験計画書を提出したら,「ジクロロメタン抽出物は,有害生物から抽出したものと見なすので,これも,滅菌して廃棄しなければならない,ともいう。GC/MSに注入されたら,とりあえずは,注入口で250℃以上に加熱されるので,よいだろうが,その手前の濃縮工程とか,どの程度の管理を要求されるのだろうか。まあ,いろいろ面倒そうです。その後の顛末は,また,ここで報告することにしましょう。

 (2009年3月5日 追加) 農林水産省の方による実験室視察を経て,ATCCからの輸入,検疫が完了しし,菌株が到着しました。