J. of Taroten

「明解 水質環境学」の正誤表/基準改定への対応表

ほとんどの修正点は文言上のものですが,以下の訂正があります。

・3ページ「ppm, ppb, pptは正式には用いないが慣用されている」の段落3行目
  (誤)水の比重を1 kg/Lとすると, → (正)水の密度を1 kg/Lとすると,

・9ページ2行目 (誤)相間を得ておけば → (正)相関を得ておけば

・14ページ下から5行目 (誤)単位を揃え上で→(正)単位を揃え上で

・23ページ「地球規模での窒素循環と温暖化」の段落の1行目
  (誤)硝化の仮定では → (正)硝化の過程では,

・24ページ「無機のリンはリン酸態リンで定量する」の段落の1行目
  (誤)全リン,Total Phophorous → (正)全リン,Total Phosphorous

・35ページ1.4.3の最初の段落の2行目
  (誤)随時達成が求められる → (正)シアンは年間最高値,そのほかは,年平均値で達成率を評価する (記述の主眼を変えた方がより適切)

・48ページ 下水道と女性ホルモンの8行目 (誤)女性ホルモンとして活性は → (正)女性ホルモンとして活性は

・49ページ 図-1.26 (誤)YOCの排出 → (正)VOCの排出

・79ページ「理想的ではない状態になることも」の段落2行目
  (誤)完全な押し出せ流れを形成 → (正)完全な押し出し流れを形成

・85ページ 例題の回答 (誤)2Al(OH)3 → (正)2Al(OH)3

・115ページおよび116ページの解答 1 kg/cm3→1 kg/m3

・116ページSRT, HRTの日本語訳 (誤)滞流時間 → (正)滞留時間

・139ページ図-2.32 凝集段で加えるpH調整剤 (誤)硝酸 → (正)硫酸

・153ページ ディスポーザーの段落の中ほど (誤)室内の臭気改善されること → (正)室内の臭気改善されること

・162ページ 表3.2 水銀の基準値(誤)0.000 → (正)0.0005

・171ページ 図-3.9 (誤)塩シアン → (正)塩シアン

・177ページ 特殊な原水の場合の処理の段落
  (誤)硝化脱窒処理可能が用いられ → (正)脱窒処理が用いられ

・206ページ それでも論争は続くの段落の中ほど (誤)気の長くなるほどの → (正)気の遠くなるほどの

・214ページ 最下行 (誤)レッドブック → (正)レッドデータブック

2011年3月の本書刊行後,以下の基準の変更がありました(最終改訂:2016年10月)

・34ページ 表1.9 ノニルフェノールの基準値として次のものを追加 生物A: 0.001 mg/L, 生物特A: 0.0006 mg/L, 生物B: 0.002 mg/L, 生物特B: 0.002 mg/L [2012年8月より]
・同表 直鎖ABSの基準値として次のものを追加 生物A: 0.03 mg/L, 生物特A: 0.02 mg/L, 生物B: 0.05 mg/L, 生物特B: 0.04 mg/L [2013年3月より]

・34ページ 表1.10 ノニルフェノールの基準値として次のものを追加 生物A: 0.001 mg/L, 生物特A: 0.0007 mg/L [2012年8月より]
・同表 直鎖ABSの基準値として次のものを追加 生物A: 0.01 mg/L, 生物特A: 0.006 mg/L [2013年3月より]
・同表 底層溶存酸素量の基準値として次のものを追加 生物1: 4 mg/L, 生物2: 3 mg/L, 生物3: 2 mg/L [2016年3月より]

・36ページ 表1.11 カドミウムの環境基準 (旧)0.01 → (新)0.003 [2011年10月より]
・同表 トリクロロエチレンの環境基準 (旧)0.03 → (新)0.01 [2014年11月より]

・134ページ 表2.3 1.1-ジクロロエチレンの排水基準 (旧)0.2 → (新)1 [2011年11月より]
・同表 (追加)1,4-ジオキサン,0.5 mg/L [2012年5月より]
・同表 カドミウムの排水基準 (旧)0.1 → (新)0.03 [2014年12月より]
・同表 トリクロロエチレンの排水基準 (旧)0.3 → (新)0.1 [2015年9月より]

・162ページ 表3.2 トリクロロエチレンの水道水質基準 (旧)0.03 → (新)0.01 [2011年4月より]
・同表 (追加)亜硝酸性窒素 0.04 mg/L [2014年4月より]
・同表 ジクロロ酢酸 0.04 → 0.03 [2015年4月より]
・同表 トリクロロ酢酸 0.2 → 0.03 [2015年4月より]