J. of Taroten

学科長になりました (C4面:大学教育, 2004.4.5)

学科長になりました

 大学院重点化が運営組織の上でも完成し,大学院専攻が教官組織運営の主体となり,専攻長が管理職権限を持つようになったことから,全然,えらくない人が学科長になれることになりました。たろてんは,2004年の4月から 土木工学科長 です。学科長って,簡単に言えば,雑用掛です。押し付けられているというのが,正しい見方でしょう。

教員は大学院所属

  学科とは何かというと,4年生以下の教育のためだけに存在する組織ということになる。構成員は,学生。先生はみんな大学院に所属しているから,学科長の下につく先生というのは誰もいなくて,実は学科長自身も実際には大学院所属だから,学科長って,ほとんど幽霊組織の長なのだ。でも,「○○長という響きは良いねえ」・・うちの奥さんにそう言ったら,「男って,そういうのうれしいんだ」といっていた。たしかに,つまらないところで男は競争して,自己満足したり,自己顕示したりする。それが,組織拡大期には,組織の活力になってきたわけだが,拡大の望めない組織では,かえって,組織に無駄を作る。