J. of Taroten

お礼,水環境学会論文奨励賞 (C5面:近況, 2006.6.2)

菊ちゃんのWater Researchの論文も受賞

 2005年度の水環境学会論文奨励賞をいただけるとの連絡がありました。2005年度は環境フォーラムも奨励賞をいただけるとのことで,推薦,応援いただいた方,ありがとうございます。たろてんも,もうすぐ,40才の大台が目の前。環境フォーラムの方は,2006年から36才制限になるとのことで,制度変更が1年早ければもらえないところでした。土木学会論文集の編集委員は,今年は幹事,来年は調整幹事ということになりそうです。電子化時代の学術論文 を模索する必要がありそうです。Water Researchの編集委員会 は編集が完全にElsevierに移って業務が終了しました。

雑用はひと段落

 今年は,学科長 の任から開放されました。JABEEFD に首を突っ込んだこともあり,ちょっと,教育にはうるさくなりました。ある程度,技術的な点をクリアーした上の話ではありますが,「お前ら,頭が悪いから」ではダメ。教育は,学生から見れば,その授業に出ることによって,あるいは,その研究室にいたことによって,何を得たかが,重要です。何も与えずに絞っていたのでは話になりません。

 東工大の オーケストラの講演 に行って以来,鼻歌にレパートリーが増えました。鼻歌の天敵であるJRの発車メロディーやめてくれー。東急を見習えー。しかし,そうはいっても,「山手線1週60分路線図付き,好きな駅の発車メロディー目覚まし時計」は少し気になる。売れてるそうです。