J. of Taroten

第100号記念,研究現況2003-2004 (C5面:近況, 2004.7.28)

膜分離による微量物質の除去の研究は大きい進展あり

 この独り言のファイル名が,とうとうopi_j100.htmlとなり記念すべき第100号となりました。途中,中身を入れ替えたりしたところもあるので,厳密には,100よりすこし少ないと思いますが,まあ,ずいぶん書きたまりました。

 それでは,研究現況。膜分離による微量物質の除去という点では,医薬品,エストラジオール類関係で,大きな進展があった。吸着と分解に分けてモデル化し,その吸着平衡関係から処理性能の向上への知見が明らかになった点は,大きな成果だと思う。この結果は高い評価を受けて良いと思うが,とりあえず,現在,和文2報,英文1報が査読中となっている。

 ナノろ過については微量物質の阻止率のデーター取りをしたものがこれまでのPublicationの主であったが,今後は,膜の洗浄や目詰まりの阻止率への影響というやや地味な話題へシフト予定。建設工事現場廃水の処理は,清水建設からの持ちこみテーマだが,いろいろ勉強になったし,和文論文がひとつ生産された。

医薬品,エストラジオール類
活性汚泥法による内分泌かく乱物質除去に関する固液二相数値シミュレーション, 環境工学論文集, 39, 87-96, 2002.
Separate estimation of adsorption and degradation of pharmaceutical substances and estrogens in the activated sludge process, Water Research, 39, 1289-1300, 2005.
活性汚泥中での医薬品・女性ホルモン様物質の除去に影響を及ぼす因子, 用水と廃水, 46, 11, 955-961, 2004.
医薬品の除去に対する膜分離活性汚泥法分離膜の付加効果, 水環境学会誌, 28, 3, 207-210, 2005.

ナノろ過関係
Retention of a wide variety of organic pollutants by different nanofiltration/reverse osmosis membranes: controlling parameters of process, J. of Membrane Science, 225, 91-103, 2003.
Rejection mechanisms of plastic additives and natural hormones in drinking water treated by nanofiltration, Water Science and Technology - Water Supply, 3, 5, 311-319, 2003.

建設廃水関係
焼却炉解体工事排水に含まれる有害物質の固液間の分配と膜分離による処理特性, 土木学会論文集, 769/VII-32, 27-34, 2004.

調査型研究は今後に期待

 最近の調査型研究で,論文になったのは,和文誌が,ハロ酢酸,フィリピンの重金属の二つ,英文誌が廃棄物処分場の ビスフェノールA だけで,投入しているエネルギーの割に論文生産効率が高くない。ただ,ハロ酢酸の論文は時々引用されているし,大学の当方の研究室のウェブサイトにハロ酢酸で検索して訪れてくる人も多い。フィリピンの重金属の論文についても,高速道路からの金属の負荷量の見積もりをしたいという研究者の方が,訪ねてこられたこともある。

 調査型研究が面白いと思うのは,実際に調査してみると,今まで,常識と思っていたことに意外とうそがあること。たとえば,下水処理場から放出されているハロ酢酸は,下水処理場での放流水の消毒で生じると普通は考えるが,でも実際には,水道水に含まれているものが,下水処理場で取りきれなくて,放流されているとすると,意外だ。廃棄物処分場からのビスフェノールAの調査からは,この物質は予想に反して,浸出水に多量に含まれるフミン質などと凝集沈でん共沈することはなかった。

 下水のマンホールから大気へ排出されている空気のVOC組成についてはまだPublicationしていないが意外なものだった。現在取り組み中のテーマは,趣味的なものを除くと,都市でのVOC排出源(廃棄物処分場,下水道管渠),雨天時の重金属の下水道での挙動。調査研究では,ある程度の「量」と分析の精度という「質」が重要。あとは,常識にとらわれないテーマ設定が斬新さという点では必要なのだろう。